こんにちは、英治です。

今年もいよいよ、競馬の祭典、東京優駿・日本ダービーです。

この歳になると、1年が超光速で過ぎ去っ…

2014年セントウルS重賞レース解説

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的にMy注目馬としてチェックしている「逆馬」「地力馬」「個人的注目馬」を、人気とか人気薄とかは一切関係なしに公表します。

予想1.gif

注目馬なし。

My注目馬には登録していませんが、「栄光の競馬新聞」の字面だけなら、エピセアロームは、前走「US」を「D」回して「0.3秒差」の「逆馬」で、マヤノリュウジンは、前走「力」で1着の「地力馬」です。

予想2.gif

まずは阪神の馬場状態ですが、土曜日は内回りコースでの競馬が1レースのみだったんですけど、外回りコースのレースも含めて、やや内優勢な馬場でした。

続いてペースですが、アンバルブライベンとメイショウイザヨイという速い逃げ馬が中枠スタートからやり合えばハイペース必至です。それに大外枠のスタートが抜群に速いハクサンムーンが今回はフツーに行けば、超ハイペースの可能性も考えられます。

馬場状態とペース想定から、「勝ちポジ」は「内差し(内後)」と想定します。

内後.gif

この「内差し(内後)」のポジションを走りそうな近走で好走している(高指数の)差し馬(馬柱の色が「緑」「白」で高指数の馬)を探すと、

・3枠4番トーホウアマポーラ(前走差して「98」)
・2枠2番マヤノリュウジン(前々走追い込んで「95」,前走追い込んで「94」)
・2枠3番エピセアローム(前走差して「94」)
・4枠6番スギノエンデバー(前々走差して「94」)

ハクサンムーンは何だかんだ言っても行くと思うので、前走の高松宮記念で追い込んで「95」もここでは無視(笑)

本命◎:エピセアローム
対抗○:トーホウアマポーラ
単穴▲:スギノエンデバー
惑星☆:マヤノリュウジン

バクシンテイオーとか面白いかなって思ってたけど意外と人気になってるので止めました。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。