2013年阪神Cの次走以降の注目馬

シェアする

【次走以降の注目馬】 特になし。

レースコメント:内回りコースはペースによって有利不利が変化する馬場で、このレースは1400mの重賞レースとしてはスローペースで流れたことで馬群がガッチリと固まって、コーナーで外を回した馬や差し馬にとって厳しい、内先行有利な競馬となった。

チェックコメント:このレースに関しては、特に次走で注目したいと思う馬は居ません。

4着のサンカルロと5着のラトルスネークは、内枠から内を回して直線で前が壁になって開く場所を探して、前が開いて追い出せたのは残り200mになってからで、完全に脚を余しました。ただ、これは差し馬の宿命なので仕方ないです。外枠から外を回してたらそれはそれで届かなかったと思うし。

差し馬は、力があっても「差せる馬場」で「差せる展開」にならないと取りこぼすことが多いので、僕の場合は軸にし難いです。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。