馬場直前情報(2013年10月25日(金)正午現在の情報)

シェアする

まずは、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方で先週のレースを見ての個人的な感想です。

東京の芝コースは、土曜日はフラットな馬場もスローペースのレースがほとんどで、レースは内有利になっていました。日曜日は雨が降り続いた影響が多大に出て、フラット→外優勢にまで悪化しました。今週は、台風の影響がどれぐらい出るのか未知で、現時点では何とも言えません。レースを見て判断するのがベストです。レースが見れないのなら、馬券は自重するのが良いかも?

京都の芝コースは、雨予報で硬い馬場を造ったのでしょう、不良馬場にまで悪化しても内優勢でした。今週も雨の影響が多大に残りそうですが、先週不良馬場にまで悪化しながらも内有利だったことから、そこからイキナリフラットになるとは考えにくく、今週も内優勢~悪くてもフラットと考えるのがフツーだと思います。

新潟の芝コースは、土曜日はやや内優勢で、雨が降り続いた日曜日は、内優勢→フラットに変化しましたが、後半のレースは超スローペースもあって内先行有利でした。今週も雨の影響が残りそうで、先週と変わりなく、出走メンバー(ペース)によって展開を考慮する必要があると思います。スローなら「US」「CU」で、ペースが流れたら「力」「差」といった感じでしょうか。

では、今週の馬場情報です。

東京競馬場の芝コースが、今週からA→Bコースに変わります。

「今日から1年以内に競馬で勝つための方法」を教えます。競馬で勝つためには2段階のステップを踏む必要があります。第1段階は「的中率30%は10回に3回当たらない」ということを理解することで、第2段階は「馬券を買うために無意識でやっている3ステップ」を理解することです。

◆東京競馬場

■天候:雨

■馬場状態:(芝)良(ダート)良

■芝の状態:今週からBコースを使用します。柵の移動により傷んだ箇所もカバーされ、全体的に良好な状態です。

■芝の草丈:(芝コース)野芝約11~13cm、洋芝約12~16cm(障害コース)野芝約11~13cm、洋芝約12~16cm

■使用コース:Bコース(Aコースから3m外に内柵を設置)

■気象状況:
19日(土)に0.5ミリ、20日(日)に53.0ミリ、25日(金)に1.5ミリの降水を観測。

■作業内容:
(1)芝コース
・22日(火)芝刈りを実施しました。

(2)ダートコース
・23日(水)~25日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。

(3)障害コース
・23日(水)芝刈りを実施しました。
・24日(木)肥料を散布しました。

◆京都競馬場

■天候:雨

■馬場状態:(芝)不良(ダート)不良

■芝の状態:向正面に加えて、内・外回り3~4コーナー及び正面にも傷みが出始めました。

■芝の草丈:(芝コース)野芝約10~12cm、洋芝約12~16cm(障害コース)野芝約10~12cm

■使用コース:Aコース(内柵を最内に設置)

■気象状況:
19日(土)に7.0ミリ、20日(日)に21.0ミリ、23日(水)に9.0ミリ、24日(木)に8.5ミリ、25日(金)に37.5ミリの降水を観測。

■作業内容:
(1)芝コース
・21日(月)芝刈りを実施しました。

(2)ダートコース
・23日(水)~24日(木)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。

(3)障害コース
・特記する作業はありません。

◆新潟競馬場

■天候:雨

■馬場状態:(芝)稍重(ダート)重

■芝の状態:向正面と内・外回り3~4コーナーの内側が傷んできましたが、全体的には概ね良好な状態です。

■芝の草丈:(芝コース)野芝約10~12cm

■使用コース:Aコース(内柵を最内に設置)

■気象状況:
20日(日)に28.0ミリ、21日(月)に1.0ミリ、24日(木)に2.0ミリ、25日(金)に4.5ミリの降水を観測。

■作業内容:
(1)芝コース
・特記する作業はありません。

(2)ダートコース
・23日(火)、24日(木)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。

以上、JRA馬場情報より

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。