馬場直前情報(2013年6月21日(金)正午現在の情報)

シェアする

まずは、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方で先週のレースを見ての個人的な感想です。

東京の芝コースは、日曜日の午前中は雨の影響もあって追い込みが有利な馬場になっていましたが、乾けばそこまで極端な馬場ではないと思います。今週も今まで通りフラット想定で良いんじゃないかと思います。雨降りで馬場が重くなれば追い込みが届く馬場になると思います。

阪神の芝コースは、雨の影響もあって時計の掛かる力の必要な馬場でした。日曜日は外回りコースばかりでしたが外からの差しが優勢な感じでした。今週は雨の影響が残りそうなので、先週同様に時計の掛かる力の必要な馬場になるんじゃないかと思います。そうであれば、外回りは外差しの届く馬場になります。

函館の芝コースは、内優勢が顕著に出ていました。今週も内優勢と考えて良いと思います。勝負しやすい馬場ですね。

では、今週の馬場情報です。

東京競馬場の洋芝の芝丈が約14~18cm、野芝の芝丈が約8~10cmと相変わらず長めです。
函館競馬場の洋芝の芝丈が約10~12cmから約10~14cmと0~2cm長くなりました。

「今日から1年以内に競馬で勝つための方法」を教えます。競馬で勝つためには2段階のステップを踏む必要があります。第1段階は「的中率30%は10回に3回当たらない」ということを理解することで、第2段階は「馬券を買うために無意識でやっている3ステップ」を理解することです。

◆東京競馬場

■天候:小雨

■馬場状態:(芝)稍重(ダート)稍重

■芝の状態:3コーナーから4コーナーの内柵沿いで傷みが見られますが、全体的に良好な状態です。

■芝の草丈:(芝コース)野芝約8~10cm、洋芝約14~18cm(障害コース)野芝約8~10cm、洋芝約12~16cm

■使用コース:Dコース(Aコースから9m外に内柵を設置)

■気象状況:
14日(金)に14.0ミリ、15日(土)に1.0ミリ、16日(日)に28.0ミリ、18日(火)に1.0ミリ、19日(水)に1.0ミリ、20日(木)に8.0ミリ、21日(金)に0.5ミリの降水を観測。

■作業内容:
(1)芝コース
・18日(火)芝刈りを実施しました。

(2)ダートコース
・18日(火)~21日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。

(3)障害コース
・17日(月)芝刈りを実施しました。
・17日(月)芝の生育管理のため散水を行いました。

◆阪神競馬場

■天候:雨

■馬場状態:(芝)重(ダート)不良

■芝の状態:開催最終節を迎え、内柵沿いに少々蹄跡が見られるものの、概ね良好な状態です。

■芝の草丈:(芝コース)野芝約6~8cm、洋芝約12~16cm(障害コース)野芝約10~12cm

■使用コース:Bコース(Aコースから直線部3.0m、曲線部4.0m外に内柵を設置)

■気象状況:
15日(土)に25.0ミリ、19日(水)に52.5ミリ、20日(木)に66.0ミリ、21日(金)に7.5ミリの降水を観測。

■作業内容:
(1)芝コース
・17日(月)芝刈りを実施しました。
・17日(月)芝の生育管理のため散水を実施しました。

(2)ダートコース
・18日(火)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。

(3)障害コース
・17日(月)~18日(火)芝刈りを実施しました。

◆函館競馬場

■天候:曇

■馬場状態:(芝)良(ダート)良

■芝の状態:先週は雨の中の競馬となりましたが、大きな傷みもなく良好な状態を維持しています。

■芝の草丈:(芝コース)洋芝約10~14cm

■使用コース:Aコース(内柵を最内に設置)

■気象状況:
15日(土)に25.5ミリ、17日(月)に11.5ミリ、18日(火)に8.5ミリの降水を観測。

■作業内容:
(1)芝コース
・17日(月)芝刈りを実施しました。
・19日(水)~21日(金)芝の生育管理のため散水を実施しました。

(2)ダートコース
・17日(月)~21日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。

以上、JRA馬場情報より

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。