5月から【栄光の競馬道 秘密基地】の新しいメンバーの募集をスタートしました。

「レジェンドメンバー」の募集はもう二度としませんが、新しく「ベーシックメンバー」と、「レギュラーメンバー」と、「プレミアムメンバー」を募集します。

■■■レジェンドメンバー■■■
【栄光の競馬道 秘密基地】の全てのコンテンツの購読&コミュ…

天皇賞(春)2023予想:過去10年の傾向と、過去8年の結果

シェアする

天皇賞(春)2023予想

新装京都最初のG1レースが伝統の天皇賞(春)というのは、感慨深いですねー。

天皇賞(春)に関しては、

▼日経賞

日経賞をパトロールビデオで振り返ったら、天皇賞春が見えてきた!

▼阪神大賞典

阪神大賞典をパトロールビデオで振り返ったら、天皇賞春が見えてきた!

▼【天皇賞春2023】全頭診断&予想&本命馬

【天皇賞春2023】全頭診断&予想&本命馬

の主要ステップレース2レースを頑張って撮影して編集してYouTubeにアップしましたので、お時間が御座いましたら見てやって下さい。

では、天皇賞(春)2023の過去10年の傾向と、過去8年の結果です。

競馬新聞などの活字になっている「過去」だけでなく、実際のパドックやレースなどの「今」をチェックして予想するのが好きです。

誰かの予想に乗っかって馬券を買うとかはしません。自分で予想をして、自分で買い目を決めて、自分のお小遣いの範囲内で馬券を買います。

今は、オリジナル競馬新聞「栄光の競馬新聞」を使って、馬場とペース…

天皇賞(春)2023の過去10年の傾向

2021年,2022年の2年間は、阪神競馬場で行われました。

天皇賞(春)の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:29%
  • 複勝:72%

と、アタマがとにかくカッチカチに堅く、ヒモは平均的です。

過去10年の勝ち馬全馬が4番人気以内で、1番人気が3勝、2番人気が5勝しています。

天皇賞(春)2023の過去8年の結果

2022年天皇賞(春)

2022年の天皇賞(春)の結果

顕著に内先行有利な馬場で、圧倒的に内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)。落馬した馬がベストポジション(逃げたタイトルホルダーの直後)を走って、逃げた勝ち馬を好アシストした。

2021年天皇賞(春)

2021年の天皇賞(春)の結果

ハイペースで流れて、長距離適性&底力必須の完全地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2020年天皇賞(春)

2020年の天皇賞(春)の結果

外回りコースは、差しは利くけどスローペースなら内有利な傾向で、キセキの逃げで淀みなく流れたとは言え字面としてはスローペースの流れで、コーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)。

2019年天皇賞(春)

2019年の天皇賞春の結果

このレースだけで評価すると外を回した馬が上位を占めたのでフラットな馬場の地力勝負と判断しそうも、他のレースも併せて俯瞰して評価すると、内有利な馬場でも差しは利く傾向でコーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)と判断するのが妥当。とは言え、3着以下に大きな着差を開けた1,2着馬が強かったという評価は同じ。

2018年天皇賞(春)

2018年の天皇賞(春)の結果

長距離戦だけにコーナーで外を回した距離ロスも少しは結果に影響したとは思うけど、例年ほど内有利な傾向ではなく、このレース以外の外回りコースのレースもペースが流れれば内外フラットな傾向で、このレースも平均ペースで流れて地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年天皇賞(春)

2017年の天皇賞(春)の結果

ペースが流れて地力が問われたとは言え、馬場が乾いてかなり内有利な馬場だったのは間違いないので、このレースのレースタイプをコーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)とした。

2016年天皇賞(春)

2016年の天皇賞(春)の結果

やや内有利な馬場でスローペースで流れて、レースタイプとしてはややコーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には、やや「CU」)になった。ただ、机上で距離ロス換算する場合は、通常の距離ロスの半分で計算するぐらいで良い。

2015年天皇賞(春)

2015年の天皇賞(春)の結果

圧倒的に内が有利な馬場で、外を回した馬は距離ロスが非常に堪えたレース。