皐月賞2021予想:過去10年の傾向と、過去6年の結果と、「勝ちポジ」予想

シェアする

皐月賞2021予想

現時点(日曜日の朝8時)で、晴れで重馬場の中山競馬場。

どこまで乾いて、そして、どのコースが伸びるのか?の見極めも当然大事ですが、今年に限ってはペースがどうなるかがものすごく重要です。

(本当にレッドベルオーブが大外から行くの???)

あと、強風が吹き荒れるんですが、その強風の向きも重要。

ということで、最終予想はパドックを見てから決めるぐらいで良いかな?と思ってます。

今週も週中に皐月賞に出走する有力馬の動画を作成してYouTubeにアップしていますので、予想の参考にしていただければ幸いです。

▼【皐月賞2021有力馬分析】エフフォーリア

【皐月賞2021有力馬分析】エフフォーリア

▼【皐月賞2021有力馬分析】ダノンザキッド

【皐月賞2021有力馬分析】ダノンザキッド

▼【皐月賞2021有力馬分析】ディープモンスター

【皐月賞2021有力馬分析】ディープモンスター

▼【皐月賞2021有力馬分析】ヴィクティファルス

【皐月賞2021有力馬分析】ヴィクティファルス

では、皐月賞2021の過去10年の傾向と、過去6年の結果と、「勝ちポジ」予想(予想は当日Youtubeライブにて公開)です。

2021年5月度の「栄光の競馬新聞」購読マガジンです。2021年5月の1ヶ月間「栄光の競馬新聞」をまとめて購読することができます。芝レースG1前夜の秘密基地からのライブ配信にもご参加いただけます。※1日単位(記事単位)だと会員登録の必要はありませんが、月単位(マガジン)だと会員登録が必要です。

皐月賞2021の過去10年の傾向

皐月賞の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:59%
  • 複勝:54%

と、2017,2018年は荒れましたが、基本的には堅いレースです。

過去10年の勝ち馬の内7頭が4番人気以内です。

皐月賞2021の過去6年の結果

2020年皐月賞

2020年の皐月賞の結果

内外フラットな馬場で、平均ペースで流れて、地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2019年皐月賞

2019年の皐月賞の結果

内外フラットな馬場で、平均ペースで流れて、地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2018年皐月賞

2018年の皐月賞の結果

内外フラットな馬場で、3頭の大逃げで超ハイペースも、4番手以降の後続馬群は実質スローペースで地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年皐月賞

2017年の皐月賞の結果

今年もレースレコード決着になった通り、最終週でも例年通り入念な馬場整備が施されて内も全然OKな高速馬場で、平均ペースで流れて地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。ただ、あくまで個人的な感想としては、高速馬場でスピードの持続が問われたレースで、真の地力が問われたレースでは無かったような気がした。

2016年皐月賞

2016年の皐月賞の結果

ペースが流れるとやや外が有利な馬場で、このレースは意外にもハイペースになって、外差し有利の競馬になった。1~2コーナーで6番手までと7番手以降では少し差が付いていたように、2コーナーを6番手以内で通過した馬たちにとっては、2000mを走り切るにはそれなりに厳しいペースだったように思う。

2015年皐月賞

2015年の皐月賞の結果

シッカリとした馬場整備が成されて、最終週にも関わらず時計の速い高速馬場が造られました。このレースはペースが緩まず地力が問われたレースで地力勝負レースとしたけど、結果的に少し内が得をした感がある。馬群の外を回すとサスガに距離ロスが堪えるレースだったということは覚えておきたい。

皐月賞2021の「勝ちポジ」予想

観戦

皐月賞2021の「勝ちポジ」予想は、レース当日にYoutubeライブで公開します。

Youtubeライブの開始時間は、1つ前のレースが始まる頃~返し馬が終わった頃の間にスタートする予定で、都合により開始時間は前後します。

Youtubeライブを見逃さないためにも、Youtubeのチャンネル登録をしておいてください。

↓Youtubeのチャンネル登録はコチラからどうぞ!

「勝ちポジ予想理論」については、「Be Winning Horseplayer」の第5章-ウマニティで17大会連続プラスを達成した予想法解体講座-で確認下さい。
メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。