ニュージーランドT2021予想に:過去10年の傾向と、過去6年の結果

シェアする

ニュージーランドT2021予想

今週は、芝の重賞レースが3レース行われるんですけど、3つとも距離がマイル戦です。

Let’s マイル!

では、ニュージーランドT2021の過去10年の傾向と、過去6年の結果です。

2021年5月度の「栄光の競馬新聞」購読マガジンです。2021年5月の1ヶ月間「栄光の競馬新聞」をまとめて購読することができます。芝レースG1前夜の秘密基地からのライブ配信にもご参加いただけます。※1日単位(記事単位)だと会員登録の必要はありませんが、月単位(マガジン)だと会員登録が必要です。

ニュージーランドT2021の過去10年の傾向

ニュージーランドTの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:99%
  • 複勝:79%

で、時々大荒れするレースです。

過去10年で12番人気の馬が2頭勝っている一方で、2人気以内の馬が6頭勝っています。

ニュージーランドT2021の過去6年の結果

2020年ニュージーランドT

2020年のニュージーランドTの結果

ハイペースで流れて外差し優勢(「栄光の競馬新聞」的には「SS」)。

2019年ニュージーランドT

2019年のニュージーランドTの結果

内有利な馬場で、スローペースで流れて、内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)。ただ、そこまで内有利じゃなかったので、机上で距離ロス換算をするなら通常の半分で計算するぐらいで良さそう。

2018年ニュージーランドT

2018年のニュージーランドTの結果

最後の直線が追い風になる強風が吹いていた。内外フラットな馬場で、平均ペースで流れて、地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年ニュージーランドT

2017年のニュージーランドTの結果

雨降り後の力の要る緩んだ馬場で、ペースが緩んで4コーナーで馬群が大きく横に拡がって、更に逃げ馬が内を開けてコーナーを回った事も相まって、馬群の外を回した差し馬は距離ロスがとんでもなく大きくなって伸びず、馬群の内目を回した逃げ先行馬が残す競馬(「栄光の競馬新聞」的には「前」)になった。

2016年ニュージーランドT

2016年のニュージーランドTの結果

出走メンバーレベルが拮抗していた。勝ち馬を除いて差し馬が上位独占も、レースタイプとしては内外フラットな馬場で平均ペースで流れた地力勝負レース。

2015年ニュージーランドT

2015年のニュージーランドTの結果

フラットな馬場でペース流れて、前が止まって差し決着。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。