小倉大賞典2021予想に:過去10年の傾向と、過去6年の結果

シェアする

小倉大賞典2021予想

今日は、2021年最初のG1レースであるフェブラリーSが日曜日の東京競馬場で行われます。

ダートはズブのド素人なのでフェブラリーSの予想をするのはおこがましいのですが、昨年暮れのチャンピオンズカップで人気を落としていたチューワウィザードを浮上させた予想方法で予想してみたいと思ってます。

ということで、今日も15時ぐらいからYouTubeライブで、小倉大賞典&フェブラリーSの観戦ライブをやりますので、ご参加いただければ嬉しいです。

100名超えでのレースライブ観戦が当面の目標です。あなたの参加待ってまーす!

【競馬ライブ】小倉大賞典&フェブラリーS2021予想&観戦ライブ

観戦ライブ

では、小倉大賞典2021の過去10年の傾向と、過去6年の結果です。

ウマニティの予想コロシアムで17連続+18連続=実質35大会連続プラス達成。オリジナル競馬新聞「栄光の競馬新聞」を使って、馬場とペースで予想する「勝ちポジ予想理論」で予想しています。

小倉大賞典2021の過去10年の傾向

小倉大賞典の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:61%
  • 複勝:86%

と、想像していたよりも荒れていなくて、アタマはやや堅めな結果になっているレースのようです。

過去10年の勝ち馬は7番人気以内で占められています。

小倉大賞典2021の過去6年の結果

2020年小倉大賞典

2020年の小倉大賞典の結果

最終週の荒れ馬場で、ペースが流れれば地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2019年小倉大賞典

2019年の小倉大賞典の結果

平均ペースも、基本的に内有利の馬場傾向で、内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)。

2018年小倉大賞典

2018年の小倉大賞典の結果

内外フラットな馬場で、平均ペースで流れて、地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年小倉大賞典

2017年の小倉大賞典の結果

今の小倉開催でよく見かける(ローカル小回りの周回コースで見かける)逃げ馬が厳しいペースで逃げて4コーナーで後続を突き放して押し切ったレース。レースタイプとしては地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2016年小倉大賞典

2016年の小倉大賞典の結果

内外フラットな馬場で平均ペースで流れて地力勝負。

2015年小倉大賞典

2015年の小倉大賞典の結果

雨降りで非常に力の要る馬場状態。こういう馬場が得意な馬が好走した。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。