AJCC2021予想に:過去10年の傾向と、過去6年の結果

シェアする

AJCC2021予想

昨夜のオンライン新年会は、遅くまでお付き合いさせてしまってゴメンナサイ。

でも本当に楽しかった!

新年会でお話したことを実行できるように頑張ります。

YouTubeチャンネル登録者さん1万人、がんばるどー!!

では、AJCC2021の過去10年の傾向と、過去6年の結果です。

2021年5月度の「栄光の競馬新聞」購読マガジンです。2021年5月の1ヶ月間「栄光の競馬新聞」をまとめて購読することができます。芝レースG1前夜の秘密基地からのライブ配信にもご参加いただけます。※1日単位(記事単位)だと会員登録の必要はありませんが、月単位(マガジン)だと会員登録が必要です。

AJCC2021の過去10年の傾向

AJCCの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:70%
  • 複勝:69%

と、平均よりほんの少しだけ堅めなレースのようです。

過去10年の勝ち馬の内8頭が5番人気以内で、6頭が2番人気以内です。

AJCC2021の過去6年の結果

2020年AJCC

2020年のAJCCの結果

4コーナー手前で故障があって不利を受けた馬が数頭居たが、レースタイプとしては、フラットな馬場で地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2019年AJCC

2019年のAJCCの結果

スローペースも内外フラットな馬場で地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2018年AJCC

2018年のAJCCの結果

スローペースならほんの少しだけ内が得してる感じの馬場で、このレースは前後半で1.3秒差の遅くないスローペースで流れて地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年AJCC

2017年のAJCCの結果

内外フラットな馬場で、厳しめの平均ペースで流れて、地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2016年AJCC

2016年AJCCの結果

内外フラットな馬場で、残り6Fから12秒フラット~11秒台のラップが続く地力が問われる流れになって地力勝負レースに。

2015年AJCC

2015年AJCCの結果

超の付くスローペースになったことで顕著に内先行有利に。後方から馬群の外を回した差し馬にとっては、非常に厳しい競馬になった。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。