ホープフルS2020予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

ホープフルS2020予想

今日は土曜日なんやけど、2歳ですけどG1レースもあって、障害のG1レースもあって、とっても盛り沢山です。

いやー、本当に忙しい。

では、ホープフルS2020の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

ホープフルS(2016年まではG2,2013年までは阪神競馬場でラジオNIKKEI杯2歳Sとして開催)の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:38%
  • 複勝:51%

と、かなり堅いレースのようです。

過去10年の勝ち馬の内9頭が4番人気以内で、5頭が1番人気で勝っています。

2021年4月度の「栄光の競馬新聞」購読マガジンです。2021年4月の1ヶ月間「栄光の競馬新聞」をまとめて購読することができます。

ホープフルS2020の過去5年の結果

2019年ホープフルS

2019年のホープフルSの結果

内外フラットな馬場で、平均ペースで流れて、地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2018年ホープフルS

2018年のホープフルSの結果

スローペースも、Aコースで9日連続開催の最終日の内外フラットな荒れ馬場で、外からの差しも十分に利く地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年ホープフルS

2017年のホープフルSの結果

最後の直線が向かい風になる強風が吹いていたこともあって上がりの時計が掛かる1日で、このレースは前後半で2.2秒も前半が速いハイペースで流れて完全に差し優勢(「栄光の競馬新聞」的には「差」)になった。

2016年ホープフルS

2016年のホープフルSの結果

内回りコースでスローペースなら内が得する馬場も、このレースはペースが流れて地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2015年ホープフルS

2015年のホープフルSの結果

地力勝負とはしたけど、スローペースでやや内が得だったように思う。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。