菊花賞2020予想:過去10年の傾向と、過去5年の結果と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想

シェアする

菊花賞2020予想

さあ、大注目の菊花賞。

史上初!父子二代での無敗の三冠なるか!?

全てを兼ね備えて、ほぼ不安材料がない無敗の二冠馬コントレイルだけに、オッズが示すとおり可能性は高そうです。

10万円分のプレゼント企画を兼ねた日本ダービーでは、ひ弱ってコントレイルに本命◎を打って痛恨のトリガミという屈辱を味わった天の邪鬼エイジ。

プレゼント企画はやらない菊花賞なので、当然ながらコントレイルに本命◎を打つ“勇気”は、ボクにはありません(笑)

天の邪鬼エイジの予想は、15時からのYoutubeライブで発表しますので、予想を見て笑ってやってください。

では、菊花賞2020の過去10年の傾向と、過去5年の結果と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想(予想は当日Youtubeライブにて公開)です。

「今日から1年以内に競馬で勝つための方法」を教えます。競馬で勝つためには2段階のステップを踏む必要があります。第1段階は「的中率30%は10回に3回当たらない」ということを理解することで、第2段階は「馬券を買うために無意識でやっている3ステップ」を理解することです。

菊花賞2020の過去10年の傾向

菊花賞の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:42%
  • 複勝:59%

と、イメージ通り基本的に堅いレースのようです。

過去10年の勝ち馬の全馬が7番人気以内で、8頭が5番人気以内で、7頭が3番人気以内で、5頭が1番人気です。

菊花賞2020の過去5年の結果

2019年菊花賞

2019年の菊花賞の結果

稍重から良に回復したとは言え、上がりの掛かる少々タフな馬場で、ユッタリめの平均ペースで流れて、長距離適性が問われた地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2018年菊花賞

2018年の菊花賞の結果

想定外の超スローペースで、残り2ハロン(最後の直線)だけの瞬発力勝負。一瞬の脚が使える馬が上位。

2017年菊花賞

2017年の菊花賞の結果

台風の影響で大雨の超不良馬場。内は壊滅状態にまで悪化して、距離ロスがあっても外を回さないとダメな馬場状態。こんな超タフなレースで、内目を回した馬,先行した馬は壊滅して、外を回して差す競馬をした地力のある馬,長距離適正の高いタフな馬が好走。

2016年菊花賞

2016年の菊花賞の結果

差しは届くけど内有利な馬場でコーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)。

2015年菊花賞

2015年の菊花賞の結果

前後半で分けると後半が前半より3.8秒も遅いスローペースで流れたことで、特に3~4コーナーで大きな団子馬群になって、馬群の外を回して距離ロスが大きくなった馬にとっては厳しい競馬になった。

菊花賞2020の「勝ちポジ」予想

菊花賞2020の「勝ちポジ」予想は、レース当日にYoutubeライブで公開します。

Youtubeライブの開始時間は、1つ前のレースが始まる頃~返し馬が終わった頃の間にスタートする予定で、都合により開始時間は前後します。

Youtubeライブを見逃さないためにも、Youtubeのチャンネル登録をしておいてください。

↓Youtubeのチャンネル登録はコチラからどうぞ!

「勝ちポジ予想理論」については、「Be Winning Horseplayer」の第5章-ウマニティで17大会連続プラスを達成した予想法解体講座-で確認下さい。
メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。