秋華賞2020予想:過去10年の傾向と、過去5年の結果と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想

シェアする

秋華賞2020予想

さあ、史上初の無敗の三冠牝馬誕生なるか!?

想像していたよりも馬場は回復していなくて、デアリングタクトにとってはプラスに働くかな?と思ってますが、それでもやっぱり天の邪鬼のワタシは馬券は別。たぶん、、、

最終予想は、本日15時からのYouTubeライブにて。

では、秋華賞2020の過去10年の傾向と、過去5年の結果と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想(予想は当日Youtubeライブにて公開)です。

ウマニティの予想コロシアムで17連続+18連続=実質35大会連続プラス達成。オリジナル競馬新聞「栄光の競馬新聞」を使って、馬場とペースで予想する「勝ちポジ予想理論」で予想しています。

秋華賞2020の過去10年の傾向

秋華賞の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:25%
  • 複勝:54%

と、アタマはカッチカチに堅く、ヒモも堅いレースのようです。

過去10年の勝ち馬の全馬が4番人気以内です。

秋華賞2020の過去5年の結果

2019年秋華賞

2019年の秋華賞の結果

馬場が乾いていく過程も、内回りコースは内有利な馬場で、ハイペースで流れて差しも利いて、コーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)。

2018年秋華賞

2018年の秋華賞の結果

そこそこなスローペースになれば内が得するも、ペースが流れれば内外フラットな傾向で、このレースは平均ペースで流れて地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年秋華賞

2017年の秋華賞の結果

内回りコースは内有利な傾向も、このレースはハイペースで流れたこともあり差しも利きコーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)に。ただ、そこまで顕著な内有利ではなくて、机上で距離ロス換算するなら通常の半分のロスで計算するぐらいが良さそう。

2016年秋華賞

2016年の秋華賞の結果

差しは届くけど内有利な馬場で、秋華賞にしてはペース緩んで、コーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)になった。

2015年秋華賞

2015年の秋華賞の結果

前日から馬場が変化して、この日はスローペースでもフラットで差しが届く高速馬場で、このレースはハイペースで流れて差し天国の外差し決着になった。

秋華賞2020の「勝ちポジ」予想

秋華賞2020の「勝ちポジ」予想は、レース当日にYoutubeライブで公開します。

Youtubeライブの開始時間は、1つ前のレースが始まる頃~返し馬が終わった頃の間にスタートする予定で、都合により開始時間は前後します。

Youtubeライブを見逃さないためにも、Youtubeのチャンネル登録をしておいてください。

↓Youtubeのチャンネル登録はコチラからどうぞ!

「勝ちポジ予想理論」については、「Be Winning Horseplayer」の第5章-ウマニティで17大会連続プラスを達成した予想法解体講座-で確認下さい。
メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。