2021年8月度の「栄光の競馬新聞」購読マガジンです。2021年8月の1ヶ月間「栄光の競馬新聞」をまとめて購読することができます。※1日単位(記事単位)だと会員登録の必要はありませんが、月単位(マガジン)だと会員登録が必要です。

オールカマー2020予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

オールカマー2020予想

うん、確かに!少頭数でも、中山のG2レースとしては、とっても良いメンバー(面白いメンバー)が揃ったと僕も思います。

では、オールカマー2020の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

競馬新聞などの活字になっている「過去」だけでなく、実際のパドックやレースなどの「今」をチェックして予想するのが好きです。

誰かの予想に乗っかって馬券を買うとかはしません。自分で予想をして、自分で買い目を決めて、自分のお小遣いの範囲内で馬券を買います。

今は、オリジナル競馬新聞「栄光の競馬新聞」を使って、馬場とペース…

オールカマー2020の過去10年の傾向

オールカマーの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:64%
  • 複勝:58%

と、別定のG2レースらしく堅いレースのようです。

過去10年の勝ち馬の内9頭が5番人気以内です。

オールカマー2020の過去5年の結果

2019年オールカマー

2019年のオールカマーの結果

内有利な馬場で、スローペースで流れて、内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)。

2018年オールカマー

2018年のオールカマーの結果

ペースと距離によって有利不利が変化する馬場傾向で、外回り2200mで遅くないスローペースで流れて地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年オールカマー

2017年のオールカマーの結果

スローペースな流れでも縦長馬群で、4コーナーで先団がゴチャついたことも相まって、後続馬が外に振られる不利もあって内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)に。ただ、馬場的には内有利ではなくて、机上で距離ロス換算するなら通常の半分のロスで計算するぐらいが良さそう。

2016年オールカマー

2016年のオールカマーの結果

完全地力勝負馬場で、通ったコース(内・外)による有利不利も、前・後のポジションの有利不利も無い地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2015年オールカマー

2015年のオールカマーの結果

内外フラットな馬場で、ラスト5Fから11秒台の時計が続いて、長く良い脚が必要な地力勝負レースに。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。