小倉2歳S2020予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

小倉2歳S2020予想

雨風が強くなる中での競馬になりそうです。

では、小倉2歳S2020の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

ウマニティの予想コロシアムで17連続+18連続=実質35大会連続プラス達成。オリジナル競馬新聞「栄光の競馬新聞」を使って、馬場とペースで予想する「勝ちポジ予想理論」で予想しています。

小倉2歳S2020の過去10年の傾向

小倉2歳Sの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:103%
  • 複勝:79%

と、一見アタマが荒れているレースのように見えますけど、アタマの回収率の高さは、2014年に15番人気で勝ったオーミアリス1頭が跳ね上げているだけで、基本的には堅めのレースです。

過去10年の勝ち馬の内9頭が3番人気以内です。

小倉2歳S2020の過去5年の結果

2019年小倉2歳S

2019年の小倉2歳Sの結果

内も外も何処を走ってもパワーが必要な荒れ馬場で、超ハイペースで流れて、結果的に外差し優勢(「栄光の競馬新聞」的には「SS」)に。

2018年小倉2歳S

2018年の小倉2歳Sの結果

内外フラットな馬場で、ハイペースで流れて地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年小倉2歳S

2017年の小倉2歳Sの結果

内外フラットな馬場で、ハイペースで流れて地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2016年小倉2歳S

2016年の小倉2歳Sの結果

台風の影響を考慮して徹底した馬場整備を施すも想定してた雨が殆ど降らず、最終週でもレースによっては内が得をするレースがあったほど内は悪くなく、このレースは馬群が横に拡がって、結果的に内を回した先行馬が得をするレースになった。

2015年小倉2歳S

2015年の小倉2歳Sの結果

内外フラットの馬場でハイペースの地力勝負レース。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。