エプソムC2020予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

エプソムC2020予想

土曜日の東京は凄い雨で、不良にまで馬場が悪化しました。

コースの内を大きく開けて走ってますが、さて、これが明日も継続するか?

では、エプソムC2020の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

「今日から1年以内に競馬で勝つための方法」を教えます。競馬で勝つためには2段階のステップを踏む必要があります。第1段階は「的中率30%は10回に3回当たらない」ということを理解することで、第2段階は「馬券を買うために無意識でやっている3ステップ」を理解することです。

エプソムC2020の過去10年の傾向

エプソムCの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:32%
  • 複勝:56%

と、基本的にカッチカチのレースみたいです。

過去10年の勝ち馬の内7頭が2番人気以内で、勝ち馬は5番人気以内で占められています。

エプソムC2020の過去5年の結果

2019年エプソムC

2019年のエプソムCの結果

行く馬がおらず超々スローペースで流れて、更に逃げ馬が荒れた内を大きく開けてコーナーを回ったことも相まって前優勢(「栄光の競馬新聞」的には「前」)。※通常のA,Bコースを回した馬をまとめてAコース、通常のCコースを回した馬をBコース、以下、それ以上外をそれぞれC,D,Eとして表示した。

2018年エプソムC

2018年のエプソムCの結果

雨が降って逃げ馬が内を開けて走る馬場で、平均ペースで流れて縦長馬群になって地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年エプソムC

2017年のエプソムCの結果

ほとんどの馬が馬場の内を開けて走った通り、コーナーも直線も内はそれなりに悪かった。しかし、内を開けた馬群になった場合、馬群の外を回すと逆に距離ロスが大きくなりすぎて厳しくなる。このレースは、スローペースで3~4コーナーで団子馬群になって馬群が大きく横に拡がり、馬群の外を回した差し馬には厳しい競馬になって、C,D,Eコースを回した逃げ・先行馬が有利(「栄光の競馬新聞」的には「前」)な競馬になった。

2016年エプソムC

2016年のエプソムCの結果

内外フラットな完全地力勝負馬場で、スローペースでも地力勝負。

2015年エプソムC

2015年のエプソムCの結果

U字コースでスローペースになれば内有利になる馬場で、フェスティヴタローが抑えたことでエイシンヒカリがスローペースに落として内先行有利に。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。