鳴尾記念2020予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

鳴尾記念2020予想

2020年も日本ダービーが終わって、中央競馬は新しい1年のスタートです。

今年は新馬戦の調教動画を全部見て、評価して、データとして残して行こうかなと思いつつ、明日にはスッカリ忘れてしまう自分の性格を良く知っているので、これを大々的に宣言できないメンディ英治(#安田記念まで)です。

では、鳴尾記念2020の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

「今日から1年以内に競馬で勝つための方法」を教えます。競馬で勝つためには2段階のステップを踏む必要があります。第1段階は「的中率30%は10回に3回当たらない」ということを理解することで、第2段階は「馬券を買うために無意識でやっている3ステップ」を理解することです。

鳴尾記念2020の過去10年の傾向

鳴尾記念の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:45%
  • 複勝:83%

で、アタマはカッチカチで、ヒモは平均より少し穴目が着ているようです。

過去10年の勝ち馬の内9頭が4番人気以内です。

鳴尾記念2020の過去5年の結果

2019年鳴尾記念

2019年の鳴尾記念の結果

距離とペースで有利不利が変化する感じで、このレースは内回り周回コースでユッタリした平均ペースで流れて、地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2018年鳴尾記念

2018年の鳴尾記念の結果

開幕日の内有利な馬場で、マルターズアポジーの逃げで速めの平均ペースで流れて、コーナーで距離ロス少なく走った馬が有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)なレコード決着になった。

2017年鳴尾記念

2017年の鳴尾記念の結果

開幕日でそれなりに顕著と言えるほどの内有利な馬場で、スローペースで流れて内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)。

2016年鳴尾記念

2016年の鳴尾記念の結果

開幕日で時計は速いけど内外フラットな馬場で、緩みのない平均ペースで流れてレコード決着の地力勝負。

2015年鳴尾記念

2015年の鳴尾記念の結果

距離とペースによって有利不利が変化する馬場で、このレースはシッカリとした逃げ馬が平均ペースを作って地力勝負レースに。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。