毎日杯2020予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

毎日杯2020予想

今週も無事に(無観客ですが…)競馬が開催されることを祈るばかり。

では、毎日杯2020の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

「今日から1年以内に競馬で勝つための方法」を教えます。競馬で勝つためには2段階のステップを踏む必要があります。第1段階は「的中率30%は10回に3回当たらない」ということを理解することで、第2段階は「馬券を買うために無意識でやっている3ステップ」を理解することです。

毎日杯2020の過去10年の傾向

毎日杯の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:40%
  • 複勝:47%

と、かなり堅いレースみたいです。

過去10年の勝ち馬の内8頭が3番人気以内です。

毎日杯2020の過去5年の結果

2019年毎日杯

2019年の毎日杯の結果

ペースが緩むと内が得をしていて、このレースはスローペースで流れて、差しは利くも内有利でコーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)。

2018年毎日杯

2018年の毎日杯の結果

内有利な馬場で、スローペースで流れて、顕著にコーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)。

2017年毎日杯

2017年の毎日杯の結果

少頭数もあって遅めの平均ペースで流れるも、阪神外回り1800mで内外フラットな馬場なら地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)になって当然。

2016年毎日杯

2016年の毎日杯の結果

速い脚が使える馬が上位入線も、レースとしてはフラットな馬場の地力勝負レース。

2015年毎日杯

2015年の毎日杯の結果

内外フラットな馬場で阪神外回り1800mなら、スローペースでも地力勝負になる。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。