フィリーズレビュー2020予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

フィリーズレビュー2020予想

もうご存知だと思いますが、2歳女王のレシステンシアが、桜花賞は武豊騎手と挑むらしいです。

個人的には・・・う~ん、、、ちょっと複雑。

では、フィリーズレビュー2020の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

「今日から1年以内に競馬で勝つための方法」を教えます。競馬で勝つためには2段階のステップを踏む必要があります。第1段階は「的中率30%は10回に3回当たらない」ということを理解することで、第2段階は「馬券を買うために無意識でやっている3ステップ」を理解することです。

フィリーズレビュー2020の過去10年の傾向

フィリーズレビューの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:75%
  • 複勝:88%

と、頭は平均的も、ヒモが少し荒れ気味のレースのようです。

過去10年の勝ち馬の内7頭が3番人気以内です。

フィリーズレビュー2020の過去5年の結果

2019年フィリーズレビュー

2019年のフィリーズレビューの結果

内回りコースはやや内有利な馬場傾向で、このレースはそんなにペースも上がらず、18頭立ての多頭数だったこともあって大きな団子馬群になって、やや内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)。ただ、机上で距離ロス換算するなら、通常の半分で計算するぐらいが丁度良さそう。

2018年フィリーズレビュー

2018年のフィリーズレビューの結果

超ハイペースで流れて差しが利いて、内有利な馬場傾向で外を回せば回す程不利だった。レースタイプとしてはコーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)も、逃げ先行よりも差し追い込みが有利だったことは覚えておきたい。

2017年フィリーズレビュー

2017年のフィリーズレビューの結果

内回りは内有利な馬場も、このレースはかなりのハイペースで流れて、先行馬が止まって差しが決まる競馬に。ただ、本来ならばコーナーで内を距離ロスなく回した差し馬が有利になる競馬も、①先行馬が止まったこと、②2着馬が直線で外から内に切れ込んできたことによって、内の差し馬は前が壁になったり不利を受けたりして全力で追えなかった。結果的に、馬群の外をスムーズに回した差し馬が上位入線した。

2016年フィリーズレビュー

2016年のフィリーズレビューの結果

1400m戦としてはユッタリしたペースで団子馬群になって内先行有利に。

2015年フィリーズレビュー

2015年のフィリーズレビューの結果

やや内有利な馬場→フラットな馬場へ変化して、ペースがそれなりに流れたことで地力勝負に。軽い馬場よりも力の要る馬場が合ってるタイプの馬が好走した印象。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。