中山牝馬S2020予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

中山牝馬S2020予想

今週も週末が雨。

馬場傾向をメインに予想している身としては、晴れでも雨でもどっちでも良いので、顕著なトラックバイアスが出てくれることを願っているところですが、さて、今週はどうでしょうね?

では、中山牝馬S2020の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

「今日から1年以内に競馬で勝つための方法」を教えます。競馬で勝つためには2段階のステップを踏む必要があります。第1段階は「的中率30%は10回に3回当たらない」ということを理解することで、第2段階は「馬券を買うために無意識でやっている3ステップ」を理解することです。

中山牝馬S2020の過去10年の傾向

中山牝馬Sの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:68%
  • 複勝:87%

と、アタマは平均的で、ヒモが少し荒れているレースのようです。

過去10年で10番人気以下の馬が7頭馬券に絡んでいます。

中山牝馬S2020の過去5年の結果

2019年中山牝馬S

2019年の中山牝馬Sの結果

先行馬が揃っていて中山1800にしては前半流れて、更に向正面でペースが上がったことが結果的に先行馬には厳しい流れだったようで、先行馬総崩れの外差し決着(「栄光の競馬新聞」的には「SS」)。

2018年中山牝馬S

2018年の中山牝馬Sの結果

スローペースも時計の掛かる内外フラットな馬場で地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年中山牝馬S

2017年の中山牝馬Sの結果

やや外が有利な馬場傾向も、このレースは超スローペースで流れて、地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)になった。

2016年中山牝馬S

2016年の中山牝馬Sの結果

ハンデ戦で最下位までが0.7秒差の大接戦になったということで、レースタイプを「ハ」にしようかとも思ったけど、残り800mから一気にペースアップした上がり4Fだけの競馬で、上がり勝負に強い馬と先行馬が有利になったレースなので、レースタイプを「瞬」とした。

2015年中山牝馬S

2015年の中山牝馬Sの結果

内が荒れて外有利な馬場でペースが流れば外差し決着になって当然。パワータイプの差し馬が上位を独占した。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。