弥生賞2020予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

弥生賞2020予想

今まで通り「弥生賞」と言うのか?それとも「ディープインパクト記念」と言うのか、はたまた変化球で「報知杯」と言うのか?

このブログではひとまず、今まで通り「弥生賞」でいっときます。

では、弥生賞2020の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

「今日から1年以内に競馬で勝つための方法」を教えます。競馬で勝つためには2段階のステップを踏む必要があります。第1段階は「的中率30%は10回に3回当たらない」ということを理解することで、第2段階は「馬券を買うために無意識でやっている3ステップ」を理解することです。

弥生賞2020の過去10年の傾向

弥生賞の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:90%
  • 複勝:79%

と、数字上ではアタマが荒れ気味で、ヒモは平均的なレースです。

雨降りの重馬場で行われた2019年の勝ち馬メイショウテンゲン(単勝8人気39.1倍)が回収率を上げています。

過去10年の勝ち馬の内7頭が2番人気以内です。

弥生賞2020の過去5年の結果

2019年弥生賞

2019年の弥生賞の結果

雨が降り続く重馬場で、平均ペースで流れて、外差し有利(「栄光の競馬新聞」的には「SS」)になった。

2018年弥生賞

2018年の弥生賞の結果

スローペースで流れるも、内外フラットな完全地力勝負馬場で、地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年弥生賞

2017年の弥生賞の結果

内回りはやや内有利な馬場で、超スローペースの団子馬群で流れて、内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)に。

2016年弥生賞

2016年の弥生賞の結果

ペースが流れれば外からの差しが決まる馬場で、このレースは少頭数でもペース流れて外差し有利の競馬になった。

2015年弥生賞

2015年の弥生賞の結果

内外フラットな地力勝負馬場で、ペースがほぼ緩まない少々厳しい流れになって、先行馬が止まって前と後ろが入れ替わる差し決着となった。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。