中山記念2020予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

中山記念2020予想

今、四位騎手の引退セレモニーの様子がグリーンチャンネルで放送されました。

四位騎手といえば、何と言っても「シ~イ!シ~イ!」

じゃなくて、牝馬のウオッカで制覇した2007年の日本ダービーです。

ウオッカ以来、僕の日本ダービーの本命◎馬は、日本ダービーで勝ってません(涙)

今年こそは!

おっと、四位騎手、お疲れさまでした!

次は調教師として、日本ダービーを制覇して下さい。

では、中山記念2020の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

「今日から1年以内に競馬で勝つための方法」を教えます。競馬で勝つためには2段階のステップを踏む必要があります。第1段階は「的中率30%は10回に3回当たらない」ということを理解することで、第2段階は「馬券を買うために無意識でやっている3ステップ」を理解することです。

中山記念2020の過去10年の傾向

中山記念の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:65%
  • 複勝:74%

と、2010年にトーセンクラウンが13番人気で勝っているにも関わらずこの回収率なので、基本的に堅めのレースです。

ちなみに、トーセンクラウンが勝った年は不良馬場でした。

過去10年の勝ち馬の内8頭が3番人気以内です。

中山記念2020の過去5年の結果

2019年中山記念

2019年の中山記念の結果

内外フラットな馬場で、平均ペースで流れて、地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2018年中山記念

2018年の中山記念

開幕週でも外を回しても全く不利にならない内外フラットな馬場で、マルターズアポジーの逃げで速めの平均ペースで流れて、地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年中山記念

2017年の中山記念の結果

前半超スローペースで流れたことと、やや内有利な馬場もあって、コーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)に。ただ、机上で距離ロス換算するなら通常の半分のロスで計算するぐらいが良さそう。

2016年中山記念

2016年の中山記念の結果

開幕週も明らかに外有利な馬場で、緩むことのない平均ペースで流れたことで、外から差す馬にとって絶好の競馬になった。

2015年中山記念

2015年の中山記念の結果

雨が降ると内有利になる傾向は、去年のこの開催もそうだった。内有利な馬場でスローペースで流れて内先行有利。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。