京都牝馬S2020予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

京都牝馬S2020予想

今週は日曜日にJRAで実施される2020年最初のG1レースであるフェブラリーSが東京競馬場で行われます。

しか~し!

栄光の競馬道とお付き合いの長いあなたならご存知の通り、僕は長らくダートのレースは一切馬券を買っていません。

例えそれがG1レースであってもです。

しか~し!

今年のフェブラリーSは、土曜日の夜に復活したYouTubeライブにて、あなたのお知恵をお借りしながら予想をして、そして馬券的中に挑戦してみようかと思っていたんです。

が・・・

しか~し!

残念!無念!

土曜日の夜に用事が入ってしまいました(涙)

ということで、開催しようと思っていた土曜日の夜の【ダート競馬がド素人のボクと一緒にフェブラリーSを予想してくれませんか?】ライブは中止となりました。

またいつか機会があれば。

では、京都牝馬S2020の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

ウマニティの予想コロシアムで17連続+18連続=実質35大会連続プラス達成。オリジナル競馬新聞「栄光の競馬新聞」を使って、馬場とペースで予想する「勝ちポジ予想理論」で予想しています。

京都牝馬S2020の過去10年の傾向

京都牝馬Sの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:59%
  • 複勝:75%

と、アタマは堅めで、ヒモは平均的なレースのようです。

過去10年の勝ち馬の内7頭が2番人気以内です。

京都牝馬S2020の過去5年の結果

2019年京都牝馬S

2019年の京都牝馬Sの結果

内外フラットな馬場で、平均ペースで流れて、地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2018年京都牝馬S

2018年の京都牝馬Sの結果

スローペースの団子馬群で流れるも、顕著と言えるぐらいに外の差し馬に有利な馬場傾向で、外差し決着(「栄光の競馬新聞」的には「SS」)になった。

2017年京都牝馬S

2017年の京都牝馬Sの結果

スローペースも、最終週の荒れた力の要るフラットな馬場で地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。軽い馬場より力の要る馬場が得意の馬が好走。

2016年京都牝馬S

2016年の京都牝馬Sの結果

地力勝負とはしたけど少々内有利で、団子馬群の外(D,E)を回した馬は、少なからず距離ロスが堪えているハズ。

2015年京都牝馬S

2015年の京都牝馬Sの結果

やや内有利で差しも十分届く馬場も、ここまでペースが緩むとコーナーで外を回す距離ロスが堪えた。馬群の外に位置してコーナーで外を回した馬には厳しい競馬になった。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。