クイーンC2020予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

クイーンC2020予想

クイーンカップは例年クラシックに直結するレースですが、今年も凄いメンバーが揃いました。

桜花賞に限らず、オークスも含めて、牝馬クラシックに向けて大注目のレースです!

では、クイーンC2020の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

ウマニティの予想コロシアムで17連続+18連続=実質35大会連続プラス達成。オリジナル競馬新聞「栄光の競馬新聞」を使って、馬場とペースで予想する「勝ちポジ予想理論」で予想しています。

クイーンC2020の過去10年の傾向

クイーンCの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:24%
  • 複勝:51%

と、カッチカチの大本命レースのようです。

過去10年の勝ち馬は、4番人気以内の馬で占められています。

クイーンC2020の過去5年の結果

2019年クイーンC

2019年のクイーンCの結果

内有利な馬場で、スローペースで流れて、コーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)。

2018年クイーンC

2018年のクイーンCの結果

内有利な馬場で、ハイペースで流れて、コーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)。

2017年クイーンC

2017年のクイーンCの結果

内外フラットな馬場で、平均ペースで流れて、完全地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2016年クイーンC

2016年のクイーンCの結果

内有利な馬場で平均ペースで流れてコーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)に。

2015年クイーンC

2015年のクイーンCの結果

ペースが緩むところのない厳しいペースで流れたことで、地力のあるどちらかと言えばパワータイプの差し馬が存分に力を発揮することができたレース。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。