フェアリーS2020予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

フェアリーS2020予想

ボクとお付き合いの長いアナタなら、今の京都が大好物で、「このまま今の京都が続いてくれたら良いのにな~」って思ってることでしょう。

もちろん、ボクもその一人です。

YouTubeでも、ツイッターでも、ブログでも、事ある毎に「距離ロス」「距離ロス」と口が酸っぱくなるぐらい言い続けてますが、これからも言い続けます。

陸上のトラック競技とか、スピードスケートとか、当たり前のように「距離ロス」に接してきてるのに、小学校の算数で勉強したハズなのに、何で分からんのかな?って思うんですが、やっぱりほとんど人が「距離ロス」を理解してないし、使えてないです。

圧倒的人気馬がいとも簡単にぶっ飛ぶ超絶な破壊力を持った「距離ロス」。

本当の意味で「距離ロス」を理解し、使いこなせれば、アナタの競馬は激変することでしょう。

「距離ロス×勝ちポジ予想理論」は、「ハンセン×ブロディ」に勝るとも劣らない最強タッグです!

では、フェアリーS2020の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

「今日から1年以内に競馬で勝つための方法」を教えます。競馬で勝つためには2段階のステップを踏む必要があります。第1段階は「的中率30%は10回に3回当たらない」ということを理解することで、第2段階は「馬券を買うために無意識でやっている3ステップ」を理解することです。

フェアリーS2020の過去10年の傾向

フェアリーSの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:158%
  • 複勝:82%

と、特にアタマが荒れているレースであることが分かります。

過去10年の勝ち馬の内4頭が2桁人気の馬です。

しかし、残りの6頭の勝ち馬は3番人気以内の人気馬です。

荒れる・荒れないがハッキリしているレースのようです。

フェアリーS2020の過去5年の結果

2019年フェアリーS

2019年のフェアリーSの結果

ほぼフラットな馬場で、平均ペースで流れて地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2018年フェアリーS

2018年のフェアリーSの結果

スローペースの団子馬群も内外フラットな馬場で地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年フェアリーS

2017年のフェアリーSの結果

内外フラットな馬場で、前後半で分けて前半が2.5秒も速いハイペースで、やや差し有利な競馬(「栄光の競馬新聞」的には「差」)になった。

2016年フェアリーS

2016年のフェアリーSの結果

団子馬群が3~4コーナーまで続くも、4コーナー手前から馬群が縦長に変化して行く(逃げ馬のペースアップに後続がついて行けなくなる)典型的な内先行パターンになる流れで、結果も内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)になった。

2015年フェアリーS

2015年のフェアリーSの結果

内外フラットな馬場で地力勝負。パワータイプの馬が好走。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。