朝日杯フューチュリティS2019予想:過去10年の傾向と、過去5年の結果と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想

シェアする

朝日杯フューチュリティS2019予想

「朝日杯フューチュリティステークス」を、「朝日杯フューチャリティステークス」って言う人、居るよね?

G1レースなので、週中に朝日杯フューチュリティステークス関連の動画をYouTubeにアップしていますので、予想の参考にしていただければ幸いです。

また3強やけど大丈夫?【朝日杯フューチュリティS2019】人気馬の評価

また3強やけど大丈夫?【朝日杯フューチュリティS2019】人気馬の評価

穴ならこの2頭!【朝日杯フューチュリティS2019】激走期待の穴馬

穴ならこの2頭!【朝日杯フューチュリティS2019】激走期待の穴馬

では、朝日杯フューチュリティS2019の過去10年の傾向と、過去5年の結果と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想(予想は当日YouTubeにて公開)です。

ウマニティの予想コロシアムで17連続+18連続=実質35大会連続プラス達成。オリジナル競馬新聞「栄光の競馬新聞」を使って、馬場とペースで予想する「勝ちポジ予想理論」で予想しています。

朝日杯フューチュリティS2019の過去10年の傾向

朝日杯フューチュリティSの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:58%
  • 複勝:60%

と、基本的に堅いレースのようです。

過去10年の勝ち馬の全馬が7番人気以内で、6頭が2番人気以内で、4頭が1番人気です。

朝日杯フューチュリティS2019の過去5年の結果

2018年朝日杯フューチュリティS

2018年の朝日杯フューチュリティSの結果

顕著と言って良いぐらい内有利な馬場で、前後半で分けて後半が1.5秒速いスローペースで流れて、内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)。外枠の馬や、後方から競馬をした馬にとっては非常に厳しい競馬になった。

2017年朝日杯フューチュリティS

2017年の朝日杯フューチュリティSの結果

極端なスローペースになると内が得するも、このレースは前後半で1.1秒差なので、そこまでスローペースだったワケではなく、レースタイプは地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2016年朝日杯フューチュリティS

2016年の朝日杯フューチュリティSの結果

ゆったりした流れも、内外フラットな馬場で外からの差しも十分届く地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2015年朝日杯フューチュリティS

2015年の朝日杯フューチュリティSの結果

内外フラットな馬場で平均ペースで流れて地力勝負も、やや差し馬に分があった印象。

2014年朝日杯フューチュリティS

2014年の朝日杯フューチュリティSの結果

前日に不良馬場にまで悪化した影響が残って、稍重でもパワーの必要な上がり時計の掛かる地力勝負レース。

朝日杯フューチュリティS2019出走馬の前走チェックコメント

僕が前走時にチェックコメントを書き残した馬と、そのチェックコメントをここで紹介します。

前走のレースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

2歳G1連続的中目指して!【朝日杯FS2019予想】レースが見える競馬新聞を使って

朝日杯フューチュリティS2019の「勝ちポジ」予想

2歳G1連勝目指して!【朝日杯フューチュリティS2019】最終予想

↓Youtubeのチャンネル登録はコチラからどうぞ!

「勝ちポジ予想理論」については、「Be Winning Horseplayer」の第5章-ウマニティで17大会連続プラスを達成した予想法解体講座-で確認下さい。