ファンタジーS2019予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

ファンタジーS2019予想

今週はG1レースが無いので、週中の動画の撮影&編集作業はお休みさせていただいて(本当は、毎週動画をアップした方が良いんですけど…)、このブログのカスタマイズ(テンプレートの変更)をしました。

見た目は今までと全く変化が無いと思いますが、中身(プログラム)を最新版にバージョンアップしました。

たぶん、表示速度が少し速くなってる(このブログにはアドセンス広告(Googleの広告)を掲載していないのもありますが…)と思いますがいかがでしょうか?

こんな地味な作業も含めて、まだ年内にいくつかの栄光の競馬道関連のバージョンアップを予定しています。

あと、僕自身初のiOS(アップル)製品に手を出す必要性が高まってるし、いまだにガラケーの僕ら夫婦の携帯電話が、とうとうスマホ(もちろんアンドロイドです)に変わる可能性も高いです。

とにかく、今年もあと2ヶ月ですが、地味な進化を続けていきます。

では、ファンタジーS2019の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

ファンタジーS2019の過去10年の傾向

ファンタジーSの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:122%
  • 複勝:96%

と、かなり荒れているレースのようです。

とは言え、過去10年の勝ち馬の内7頭が5番人気以内です。

ファンタジーS2019の過去5年の結果

2018年ファンタジーS

2018年のファンタジーSの結果

地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年ファンタジーS

2017年のファンタジーSの結果

スローペースも内外フラットな馬場で地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2016年ファンタジーS

2016年のファンタジーSの結果

外回りコースは内外フラットな馬場で地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2015年ファンタジーS

2015年のファンタジーSの結果

内有利な馬場でスローペースで流れて内先行有利。

2014年ファンタジーS

2014年のファンタジーSの結果

内有利な馬場でスローペースも、今の京都は差しが届くので、レースタイプは「CU:コーナー部内有利」に。最下位までが0.7秒差の大混戦レース。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録