京都大賞典2019予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

京都大賞典2019予想

藤田菜七子騎手が人気馬に乗りまくって1日4勝の快挙達成とか、ラグビーワールドカップ日本負け無しの3連勝とか、陸上の400mリレーメダル獲得とか、毎日王冠と京都大賞典で馬券1点的中とか、凱旋門賞で日本の悲願達成とか・・・

※菜七子騎手以外は、現時点での僕の憶測に過ぎません。

いやー、凄い週末です(笑)

では、京都大賞典2019の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

京都大賞典2019の過去10年の傾向

京都大賞典の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:186%
  • 複勝:95%

と、見た目はもの凄く荒れているレースに見えますが、2013年に単勝166.2倍の11番人気ヒットザターゲットが勝ったことによるもので、基本的には荒れないレースです。

過去10年の勝ち馬の内9頭が5番人気以内です。

京都大賞典2019の過去5年の結果

2018年京都大賞典

2018年の京都大賞典の結果

ペースがそれなりに緩むと内が得をするやや内有利な馬場で、このレースは逃げ馬が大逃げで後続はそれなりのスローペースで流れて内が得をしてコーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)。ただ、机上で距離ロス換算をする場合は半分で計算するのが良い。

2017年京都大賞典

2017年の京都大賞典の結果

内有利な馬場で、スローペースで流れて、コーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)。

2016年京都大賞典

2016年の京都大賞典の結果

内有利な馬場で、超スローペースで流れて内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)。

2015年京都大賞典

2015年の京都大賞典の結果

スローペースの上がり勝負。軽い馬場得意の馬に向くレースで、逆に力の要る馬場が得意の馬にとっては厳しいレースになった。

2014年京都大賞典

2014年の京都大賞典の結果

京都の内有利の馬場でスローペースになって内先行決着。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)