オールカマー2019予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

オールカマー2019予想

現時点(土曜日の16時半)では、心配されていた雨は降らない予報に変わってきてますが、さていかに?

では、オールカマー2019の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

ウマニティの予想コロシアムで17連続+18連続=実質35大会連続プラス達成。オリジナル競馬新聞「栄光の競馬新聞」を使って、馬場とペースで予想する「勝ちポジ予想理論」で予想しています。

オールカマー2019の過去10年の傾向

オールカマーの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:57%
  • 複勝:52%

と、別定のG2レースらしく堅いレースのようです。

過去10年の勝ち馬の内7頭が3番人気以内です。

オールカマー2019の過去5年の結果

2018年オールカマー

2018年のオールカマーの結果

ペースと距離によって有利不利が変化する馬場傾向で、外回り2200mで遅くないスローペースで流れて地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年オールカマー

2017年のオールカマーの結果

スローペースな流れでも縦長馬群で、4コーナーで先団がゴチャついたことも相まって、後続馬が外に振られる不利もあって内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)に。ただ、馬場的には内有利ではなくて、机上で距離ロス換算するなら通常の半分のロスで計算するぐらいが良さそう。

2016年オールカマー

2016年のオールカマーの結果

完全地力勝負馬場で、通ったコース(内・外)による有利不利も、前・後のポジションの有利不利も無い地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2015年オールカマー

2015年のオールカマーの結果

内外フラットな馬場で、ラスト5Fから11秒台の時計が続いて、長く良い脚が必要な地力勝負レースに。

2014年オールカマー

2014年のオールカマーの結果

距離ロスが発生するコーナー部は、内を回した馬がやや有利。コーナーで外を回して距離ロスのあった馬は少々不利だった。ただ、机上でロス換算するなら通常の半分のロスで計算するぐらいが良さそう。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。