函館スプリントS2019予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

函館スプリントS2019予想

例の事件によって6頭が競走除外になって7頭立てになってしまった今年の函館スプリントステークス。

今後、同じことが起こらないように再発防止を徹底して欲しいですね。

では、函館スプリントS2019の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

函館スプリントS2019の過去10年の傾向

函館スプリントSの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:89%
  • 複勝:105%

と、結構荒れているレースのようです。

ただ、過去10年の勝ち馬の内7頭が4番人気以内です。

函館スプリントS2019の過去5年の結果

2018年函館スプリントS

2018年の函館スプリントSの結果

内有利な馬場で、ハイペースでも内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)。

2017年函館スプリントS

2017年の函館スプリントSの結果

前半3Fが33.2秒という超ハイペースで流れて、サスガに前が止まって差し決着(「栄光の競馬新聞」的には「差」)。

2016年函館スプリントS

2016年の函館スプリントSの結果

レコード決着も、圧倒的に内有利な馬場で平均ペースで流れて内先行有利。

2015年函館スプリントS


2015年の函館スプリントSの結果

前が競り合って超ハイペースとなったことで、前半無理をした逃げ先行馬が直線内で止まって、直線スムーズに外に出した差し追い込み馬が上位を独占した。

2014年函館スプリントS

2014年の函館スプリントSの結果

圧倒的に内が有利な馬場で平均ペースで流れば内先行有利になるのがフツーも、1,2,3番手の馬が直線で伸びなくて、その直後に居た人気2頭が完全にその3頭にブロックされたような形になって直線で全く追えず波乱になった。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)