マーメイドS2019予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

マーメイドS2019予想

出走馬16頭に対して、その内11頭が条件馬って、これって重賞レースなのかい?

重賞レースで良いのかい?

ちなみに、去年は10頭が条件馬でした。

ホントに重賞レースで良いのかい?

では、マーメイドS2019の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

「今日から1年以内に競馬で勝つための方法」を教えます。競馬で勝つためには2段階のステップを踏む必要があります。第1段階は「的中率30%は10回に3回当たらない」ということを理解することで、第2段階は「馬券を買うために無意識でやっている3ステップ」を理解することです。

マーメイドS2019の過去10年の傾向

マーメイドSの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:70%
  • 複勝:87%

と、イメージほど荒れているレースではなくって、数字(オッズ)的にはアタマは平均的で、ヒモが少々荒れている程度のレースです。

過去10年の勝ち馬の内5頭が3番人気以内です。

マーメイドS2019の過去5年の結果

2018年マーメイドS

2018年のマーメイドSの結果

やや内有利の馬場で、平均ペースで流れて、コーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)。3~4コーナーの超団子馬群で馬群の外を回した馬たちは距離ロスが少々堪えたレース。ただ、机上で距離ロス換算をするなら、通常の半分で計算するくらいで良さそう。

2017年マーメイドS

2017年のマーメイドSの結果

内外フラットな馬場で、スローペースでも地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2016年マーメイドS

2016年のマーメイドSの結果

スローペースなら少し内が得してる感じの傾向も、このレースは平均ペースで流れて地力勝負。

2015年マーメイドS

2015年のマーメイドSの結果

前日から馬場が一変して外を回しても全く不利にならないフラットな馬場で、このレースはスローペースの団子馬群も、馬群の外をブン回した差し馬が台頭できるレースになった。

2014年マーメイドS

2014年のマーメイドSの結果

純粋なオープン馬が2頭しか出走していないレースで、このレースの存在意義を疑う。馬の実力の割にハンデが軽かった馬が好走した印象で、このレースを「ハ」とした。また、馬場としてはスローペースだとやや内有利で、それを外を回して差して上位に食い込んだ馬はフツーに高評価してあげて良さそう。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。