日本ダービー2019予想:過去10年の傾向と、過去7年の結果と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想

シェアする

日本ダービー2019予想

今年もいよいよ日本ダービーです!

ワクワクしますね~。ドキドキしますね~。

1年の総決算!

他の全てのレースを外しても、日本ダービーだけは馬券を当てたい!

ちなみに、ウオッカが勝った年以降、日本ダービーで僕の本命◎馬は勝ってません(涙)

どうやら、あの歴史的な年から干支が一周したみたいです。

ちなみに、ウオッカが牝馬として日本ダービーを制覇したのが64年ぶりの快挙だったようです。

調教師は、角居さん。

その角居さんが今年送り出すのがサートゥルナーリア。

騎手はテン乗りのレーン騎手。

もしテン乗りで勝ったら、65年ぶりの快挙だそうです。

ウオッカはあんまり人気なかったけど、サートゥルナーリアは圧倒的1番人気。

普段は「データは覆されるもんや!」って鼻息荒いボクが、今回は逆に「データ的には勝つんは無理やろ!」って天の邪鬼ぶりを発揮しようと思ってたんですけど、さて、どーしましょうかね?

明日のYouTubeライブまでジックリ考えて答え出しますわ(笑)

↓Youtubeのチャンネル登録はコチラからどうぞ!

では、日本ダービー2019の過去10年の傾向と、過去7年の結果と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想(予想は当日YouTubeライブにて)です。

日本ダービー2019の過去10年の傾向

日本ダービーの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:46%
  • 複勝:77%

と、アタマは非常に堅くて、ヒモは平均的なレースです。

過去10年の勝ち馬の内8頭が3番人気以内で、勝ち馬は7番人気以内の馬で占められています。

日本ダービー2019の過去7年の結果

2018年日本ダービー

2018年の日本ダービーの結果

内有利な馬場で、スローペースで流れて、内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)。コーナーで外を回す距離ロスをして差し追い込み競馬をした馬は非常に厳しかった。

2017年日本ダービー

2017年の日本ダービーの結果

フラットな馬場で想定外の超スローペースで流れて前有利(「栄光の競馬新聞」的には「前」)に。向こう正面で勝ち馬が動いて位置を上げた後にペースが上がって、通常ならそのままペースが流れるけど、このレースは前に居た馬たちが距離不安を抱えていたからなのか、逃げたのがノリさんで2番手がルメールだったからなのか、その後にまた再びペースが緩んで、差し追い込み馬にとっては厳しい競馬になった。

2016年日本ダービー

2016年の日本ダービーの結果

標準的な東京コースらしい内外フラットな馬場で、ペースも流れて縦長馬群になって、完全地力勝負レース。

2015年日本ダービー

2015年の日本ダービーの結果

内外フラットな高速馬場で、前半速めに流れて上がりも速まるレースレコード決着。非常に厳しい地力が問われる地力勝負レース。

2014年日本ダービー

2014年の日本ダービーの結果

大きく引き離して逃げた逃げ馬以外の後続馬群は実質スローペース。内有利な馬場でスローペースになれば内先行有利になって当然。

2013年日本ダービー

2013年の日本ダービーの結果

決め脚のある差し馬が十二分に力を発揮できる東京コースらしい地力勝負のフラットな馬場。フラットな馬場ということもあって字面的にもペースがある程度流れたことで、距離適性があって地力のある馬が上位に着た印象。

2012年日本ダービー

2012年の日本ダービーの結果

B→Cにコース変わりしたが、先週までの傾向は継続していて、コーナーで内をロスなく回した馬が優勢の馬場傾向。直線の長い東京コースだけにペースが緩んでも差し馬は台頭できるので、「US:内先行有利」にはならずに「CU:コーナー内有利」になる。

日本ダービー2019出走馬の前走チェックコメント

僕が前走時にチェックコメントを書き残した馬と、そのチェックコメントをここで紹介します。

前走のレースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

サートゥルナーリアが負けるとしたら…日本ダービー2019予想に My注目馬チェックコメント他。

日本ダービー2019の「勝ちポジ」予想

日本ダービー2019の「勝ちポジ」予想は、レース当日にYoutubeライブで公開します。

Youtubeライブの開始時間は、当レースのパドックが始まる頃~返し馬が終わった頃の間にスタートする予定で、都合により開始時間は前後します。

Youtubeライブを見逃さないためにも、Youtubeのチャンネル登録をしておいてください。

↓Youtubeのチャンネル登録はコチラからどうぞ!

「勝ちポジ予想理論」については、「Be Winning Horseplayer」の第5章-ウマニティで17大会連続プラスを達成した予想法解体講座-で確認下さい。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録