京都新聞杯2019予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

京都新聞杯2019予想

令和時代の幕開けと重なった(意図的に重ねた)ゴールデンなウィークもあと4日となりましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

我が家はと言えば、奥さんが怒涛の月~土6連勤ということもあって、全くもってして連休感が無い、何処へ出かけることもない、いつもの1週間を過ごしていました。

まあ、連休中はどこも大混雑ですので、連休が終わったら、奥さんへのご褒美も兼ねて、何処かへ美味しいものでも食べに行けたらと思ってます。

では、令和時代最初の重賞レースである京都新聞杯2019の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

京都新聞杯2019の過去10年の傾向

京都新聞杯の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:39%
  • 複勝:57%

で、相当堅いレースです。

過去10年の勝ち馬の内8頭が3番人気以内です。

京都新聞杯2019の過去5年の結果

2018年京都新聞杯

2018年の京都新聞杯の結果

前半は速く、中盤で少しだけ緩んで、後半また速くなる先行馬には厳しい流れで、差し有利(「栄光の競馬新聞」的には「差」)。

2017年京都新聞杯

2017年の京都新聞杯の結果

午後の一雨でやや外有利な馬場になるも、このレースはかなりのスローペースで流れたこともあり地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)に。

2016年京都新聞杯

2016年の京都新聞杯の結果

ペース緩むとやや内有利な馬場でスローペースで流れて、結果的に外を回した馬が上位入線も、レースタイプとしては、ややコーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には、やや「CU」)と判断する。ただ、机上で距離ロス換算する場合は、通常の距離ロスの半分で計算するのが良い。

2015年京都新聞杯

2015年の京都新聞杯の結果

先週までのような極端な内有利ではなく、ペースさえ速まれば内外フラット。結果的には内を回した馬が上位で外を回した馬が下位も、このレースはそれなりのペースで流れただけに、地力勝負レースと判断。

2014年京都新聞杯

2014年の京都新聞杯の結果

超ハイペースで縦長馬群も、内優勢馬場だけにコーナーで外を回した馬は少なからず距離ロスが堪えたハズ。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)