皐月賞2019予想:過去10年の傾向と、過去5年の結果と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想

シェアする

「栄光の競馬新聞」新規会員募集!

皐月賞2019予想

公開するのを忘れてました(汗)

その代り、当日の朝だからこその重要な情報をGET!しました。

心配してた雨も風もどうやら大丈夫そうです。

皐月賞2019の過去10年の傾向

皐月賞の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:61%
  • 複勝:67%

と、2017,2018年は荒れましたが、基本的には本命寄りのレースみたいです。

過去10年の勝ち馬の内7頭が4番人気以内です。

皐月賞2019の過去5年の結果

2018年皐月賞

2018年の皐月賞の結果

内外フラットな馬場で、3頭の大逃げで超ハイペースも、4番手以降の後続馬群は実質スローペースで地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年皐月賞

2017年の皐月賞の結果

今年もレースレコード決着になった通り、最終週でも例年通り入念な馬場整備が施されて内も全然OKな高速馬場で、平均ペースで流れて地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。ただ、あくまで個人的な感想としては、高速馬場でスピードの持続が問われたレースで、真の地力が問われたレースでは無かったような気がした。

2016年皐月賞


2016年の皐月賞の結果

ペースが流れるとやや外が有利な馬場で、このレースは意外にもハイペースになって、外差し有利の競馬になった。1~2コーナーで6番手までと7番手以降では少し差が付いていたように、2コーナーを6番手以内で通過した馬たちにとっては、2000mを走り切るにはそれなりに厳しいペースだったように思う。

2015年皐月賞

2015年の皐月賞の結果

シッカリとした馬場整備が成されて、最終週にも関わらず時計の速い高速馬場が造られました。このレースはペースが緩まず地力が問われたレースで地力勝負レースとしたけど、結果的に少し内が得をした感がある。馬群の外を回すとサスガに距離ロスが堪えるレースだったということは覚えておきたい。

2014年皐月賞

2014年の皐月賞の結果

内を回しても外を回しても前も後ろもOKなフラットな馬場での地力勝負。

皐月賞2019出走馬の前走チェックコメント

僕が前走時にチェックコメントを書き残した馬と、そのチェックコメントをここで紹介します。

前走のレースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

皐月賞2019の「勝ちポジ」予想

皐月賞2019の「勝ちポジ」予想は、レース当日にYoutubeライブで公開します。

Youtubeライブの開始時間は、当レースのパドックが始まる頃~返し馬が終わった頃の間にスタートする予定で、都合により開始時間は前後します。

Youtubeライブを見逃さないためにも、Youtubeのチャンネル登録をしておいてください。

↓Youtubeのチャンネル登録はコチラからどうぞ!

「勝ちポジ予想理論」については、「Be Winning Horseplayer」の第5章-ウマニティで17大会連続プラスを達成した予想法解体講座-で確認下さい。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)