桜花賞2019予想:過去10年の傾向と、過去5年の結果と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想

シェアする

桜花賞2019予想

さあ、いよいよ2019年のクラシック開幕です!

今の所、ちょうど桜花賞の時間あたりから雨が降るような予報が出てます。

雨の降り始めが予報よりも早まるようなことがないように祈ってます。

では、桜花賞2019の過去10年の傾向と、過去5年の結果と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想(予想は当日YouTubeライブにて)です。

スポンサーリンク

桜花賞2019の過去10年の傾向

桜花賞の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:51%
  • 複勝:57%

と、近10年では堅い傾向のレースに変わってきています。

過去10年の勝ち馬の内7頭が3番人気以内です。

桜花賞2019の過去5年の結果

2018年桜花賞

2018年の桜花賞の結果

スローペースも内外フラットな馬場で地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年桜花賞

2017年の桜花賞の結果

余程ペースが緩まない限りは内外フラットな馬場で、見事なまでの平均ペースで流れて、完全地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2016年桜花賞

2016年の桜花賞の結果

ユッタリした平均ペースも、外を回した差しも十分届く内外フラットな馬場で、地力勝負レース。

2015年桜花賞

2015年の桜花賞の結果

馬場が乾いて内有利の馬場で、超スローペースの団子馬群になって圧倒的内先行有利に。超スローペースになったことで瞬発力が必要になって、瞬発力のない馬や、馬群の外を回したり差す競馬をした能力の低い馬はとてもじゃないけど太刀打ち出来ないレースになった。

2014年桜花賞

2014年の桜花賞の結果

1頭大逃げでペースが速まり馬群が縦長になって、実力のある差し・追い込み馬にとってはコーナーでの距離ロスがほとんどない願ってもない展開になり、差し脚がいかんなく発揮できるレースとなった。ただ、馬場としては土日とも固い軽い馬場で、少なからずコーナーで外を回した距離ロスは結果にも影響していると思うので、レースタイプを「CU」とした。

桜花賞2019出走馬の前走チェックコメント

僕が前走時にチェックコメントを書き残した馬と、そのチェックコメントをここで紹介します。

前走のレースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

桜花賞2019の「勝ちポジ」予想

桜花賞2019の「勝ちポジ」予想は、レース当日にYoutubeライブで公開します。

Youtubeライブの開始時間は、当レースのパドックが始まる頃~返し馬が終わった頃の間にスタートする予定で、都合により開始時間は前後します。

Youtubeライブを見逃さないためにも、Youtubeのチャンネル登録をしておいてください。

↓Youtubeのチャンネル登録はコチラからどうぞ!

「勝ちポジ予想理論」については、「Be Winning Horseplayer」の第5章-ウマニティで17大会連続プラスを達成した予想法解体講座-で確認下さい。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)