阪神大賞典2019予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

阪神大賞典2019予想

長距離の重賞レースは、菊花賞出走上位馬(去年・一昨年の)が出走してきてくれないと盛り上がりに欠けます。

去年の菊花賞上位馬でまだ出走してい2着馬エタリオウがココを使ってくれてたらなぁ~。

2018年菊花賞

では、阪神大賞典2019の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

阪神大賞典2019の過去10年の傾向

阪神大賞典の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:39%
  • 複勝:51%

と、想像通りド本命レースです。

過去10年の勝ち馬は5番人気以内の馬で占められていて、内9頭が3番人気以内です。

阪神大賞典2019の過去5年の結果

2018年阪神大賞典

2018年の阪神大賞典の結果

馬場としては内有利な馬場も、このレースは3000mの長丁場にも関わらずペースが速まって、完全に地力が問われるレース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)になった。

2017年阪神大賞典

2017年の阪神大賞典の結果

ペースが流れれば内外フラットな馬場で、このレースは長距離戦にも関わらず、道中で一度も13秒台のラップが無い淀みのない流れになって、レコードに0.1秒差の地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)になった。

2016年阪神大賞典

2016年の阪神大賞典の結果

内回り周回コースはスローペースでもフラットで地力勝負になる馬場で、内回り周回コースを1周半するこのレースも地力勝負レースに。

2015年阪神大賞典

2015年の阪神大賞典の結果

馬場傾向としては、時計は掛かるけど内有利な馬場。このレースは、前半ペースが速まって、その後一旦中弛みの後、また後半ペースが上がる厳しい流れになって、底力の必要な地力勝負レースになった。

2014年阪神大賞典

2014年の阪神大賞典の結果

内優勢の馬場で、このレースはスローペースも少頭数だったこともあって、2周目の3~4コーナー以外はほぼ1列の隊列で、各馬ロスはあまり無かった。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録