フラワーC2019予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

フラワーC2019予想

今週も「栄光の競馬道」では、予想そのもの(予想印や買い目)ではなく、予想をするための材料,調味料をお届けしています(笑)

では、フラワーC2019の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

2021年5月度の「栄光の競馬新聞」購読マガジンです。2021年5月の1ヶ月間「栄光の競馬新聞」をまとめて購読することができます。芝レースG1前夜の秘密基地からのライブ配信にもご参加いただけます。※1日単位(記事単位)だと会員登録の必要はありませんが、月単位(マガジン)だと会員登録が必要です。

フラワーC2019の過去10年の傾向

フラワーCの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:59%
  • 複勝:62%

と、本命寄りのレースのようです。

過去10年の勝ち馬の内7頭が3番人気以内です。

フラワーC2019の過去5年の結果

2018年フラワーC

2018年のフラワーCの結果

スローペースの団子馬群も内外フラットな馬場で地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年フラワーC

2017年のフラワーCの結果

スローペースも内外フラットな荒れ馬場で地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2016年フラワーC

2016年のフラワーCの結果

内有利な馬場でスローペースの団子馬群で流れて圧倒的内先行有利に。後方から外を回して差す競馬をした馬にとっては、とんでもなく厳しい競馬になった。

2015年フラワーC

2015年のフラワーCの結果

内外フラットな馬場で地力勝負も、スローペースで流れたことで、最内枠から楽に逃げれた勝ち馬にとって有利な流れになったということは覚えておきたい。

2014年フラワーC

2014年のフラワーCの結果

ゴール前の直線が斜め前からの向かい風になる強風が吹いていて、力の要る馬場に適性があるパワータイプの先行馬が上位を占めた。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。