ファルコンS2019予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

「栄光の競馬新聞」新規会員募集!

ファルコンS2019予想

ツイッターでもつぶやいた通り、今年の津村騎手の芝での成績(回収率)がエゲツナイことに気づきました。

信じ難いと思ってしまう人も居るかも知れませんが、津村騎手は上手ですよ!

この事実を信じられる方は、「津村騎手だから買いたくないなー」とかは思わず、「よし!津村騎手だから買いやすいぞ!」って買ってください。

個人的には、芝では買いたい騎手です。

では、ファルコンS2019の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

ファルコンS2019の過去10年の傾向

ファルコンSの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:92%
  • 複勝:76%

と、頭が荒れ気味でヒモはほぼ平均的なレースのようです。

ただ、頭が荒れ気味とは言っても、過去10年の勝ち馬の内8頭が4番人気以内です。

ファルコンS2019の過去5年の結果

2018年ファルコンS

2018年のファルコンSの結果

それなりに顕著に内有利な馬場で、平均ペースで流れて、内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)。外を回して差す競馬をした馬にとっては厳しい競馬だった。

2017年ファルコンS

2017年のファルコンSの結果

内外フラットな馬場でペースも流れて地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2016年ファルコンS

2016年のファルコンSの結果

雨上がりの不良馬場で各馬ドロドロで真っ黒になりながら、前半3Fが33.3秒→後半3Fが39.7秒の超消耗戦に。レースタイプは「力」としたけど、消耗戦でもレースを止めない自分で走る前向きな気性のもの凄い根性のある馬が上位入線したレース。

2015年ファルコンS

2015年のファルコンSの結果

時計の掛かる荒れ馬場も、コーナーで内を距離ロスなく回す方が得をしていると感じたレース。ただ、机上で距離ロス換算するなら通常の半分のロスで計算するぐらいが良さそう。

2014年ファルコンS

2014年のファルコンSの結果

中京らしい内外フラットな馬場で超ハイペースになって差し決着。ただ、超ハイペースでも馬群は比較的団子状態で、8着までと9着以下との間に0.8秒もの差が付いている。ひょっとしたらこのレースを経験したことがプラスに出る可能性があるので、1~8着馬の次走以降には少し注意したい。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)