京都牝馬S2019予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

「栄光の競馬新聞」新規会員募集!

京都牝馬S2019予想

今週は日曜日にJRAで実施される2019年最初のG1レースであるフェブラリーSが東京競馬場で行われます。

しか~し!

栄光の競馬道とお付き合いの長いあなたならご存知の通り、僕は長らくダートのレースは一切馬券を買っていません。

例えそれがG1レースであってもです。

しか~し!

今年のフェブラリーSは、土曜日の夜にYouTubeライブにて、あなたのお知恵をお借りしながら予想をして、そして馬券的中に挑戦してみようかと思っていたんです。

が・・・

しか~し!

残念!無念!

土曜日の夜に用事が入ってしまいました(涙)

ということで、開催しようと思っていた土曜日の夜の「ダート競馬がド素人のボクと一緒にフェブラリーSを予想してくれませんか?」ライブは中止となりました。

またいつか機会があれば。

では、京都牝馬S2019の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

スポンサーリンク

京都牝馬S2019の過去10年の傾向

京都牝馬Sの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:45%
  • 複勝:65%

と、本命レースのようです。

過去10年の勝ち馬の内7頭が2番人気以内です。

京都牝馬S2019の過去5年の結果

2018年京都牝馬S

2018年の京都牝馬Sの結果

スローペースの団子馬群で流れるも、顕著と言えるぐらいに外の差し馬に有利な馬場傾向で、外差し決着(「栄光の競馬新聞」的には「SS」)になった。

2017年京都牝馬S

2017年の京都牝馬Sの結果

スローペースも、最終週の荒れた力の要るフラットな馬場で地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。軽い馬場より力の要る馬場が得意の馬が好走。

2016年京都牝馬S

2016年の京都牝馬Sの結果

地力勝負とはしたけど少々内有利で、団子馬群の外(D,E)を回した馬は、少なからず距離ロスが堪えているハズ。

2015年京都牝馬S

2015年の京都牝馬Sの結果

やや内有利で差しも十分届く馬場も、ここまでペースが緩むとコーナーで外を回す距離ロスが堪えた。馬群の外に位置してコーナーで外を回した馬には厳しい競馬になった。

2014年京都牝馬S

2014年の京都牝馬Sの結果

内優勢馬場でスローペースになれば内先行有利になって当然。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)