共同通信杯2019予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

「栄光の競馬新聞」新規会員募集!

共同通信杯2019予想

東京競馬場の雪、大丈夫なんかな?

残念ながらクイーンCは月曜日に延期になってしまったけど(再調整が必要になってるので少し心配)、共同通信杯は日程変更されることなく、無事に日曜日に行われることを願ってます。

では、共同通信杯2019の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

共同通信杯2019の過去10年の傾向

共同通信杯の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:59%
  • 複勝:73%

と、アタマは平均より堅めで、ヒモは平均的なレースのようです。

過去10年の勝ち馬の内8頭が4番人気以内で、残りの2頭も6番人気です。

共同通信杯2019の過去5年の結果

2018年共同通信杯

2018年の共同通信杯の結果

内有利な馬場でも差しが届く傾向で、縦長馬群でもゆったりした平均ペースで、コーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)。

2017年共同通信杯

2017年の共同通信杯の結果

このレース単体で見ればスローペースからの内先行決着に思えるも、この日は超スローペースの1400m戦でも地力勝負になっていたので、俯瞰して考えてこのレースのレースタイプを地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)とした。

2016年共同通信杯

2016年の共同通信杯の結果

レース結果から見るとレースタイプの判定が難しいけど、この日の他のレースを加味して判定すれば、馬場が乾いてきてやや内有利の馬場の中、平均ペースで流れてコーナー部内有利(「栄光の競馬新聞」的には「CU」)と判定します。ただ、そこまで極端な内有利ではなかったので、ある程度地力が問われたレースのように思います。

2015年共同通信杯

2015年の共同通信杯の結果

レースタイプとしては「力」としたけど、ゆったりめの平均ペースで流れたことで、少々内が得をした感のあるレースだったことは、ダービーまで記憶の片隅に残しておきたい。

2014年共同通信杯

2014年の共同通信杯の結果

この日はスローペースばかりで内優勢も、東京コースらしく決め手のある差し馬が力を発揮できる馬場。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)