京都記念2019予想に:過去10年の傾向と、過去5年の結果

シェアする

「栄光の競馬新聞」新規会員募集!

京都記念2019予想

突然ですが!(←楽天カードマンの言い方!By.粗品のツッコミ)

↓このフレーズ好きです。競馬予想TV自体は見てないけど(笑)

競馬の魅力とは一体何なのか?
好きな馬が勝利した時の喜びか?
馬券に勝って大儲けをすることか?
それだけではないだろう
競馬の最大の楽しさは予想をすることにあるのだ
仲間と新聞片手にレースを予想し合った時のワクワク感
そんな楽しさをここに再現!

うん!

そんな楽しさを再現する場所を作るかな?

では、京都記念2019の過去10年の傾向と、過去5年の結果です。

スポンサーリンク

京都記念2019の過去10年の傾向

京都記念の過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:89%
  • 複勝:66%

と、アタマは少々穴目も着ていて、ヒモは平均的なレースのようです。

過去10年の勝ち馬は、6番人気以内の馬で占められていて、5頭が3番人気以内です。

京都記念2019の過去5年の結果

2018年京都記念

2018年の京都記念の結果

パワーが必要な時計の掛かる重馬場で、スローペースで流れて地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2017年京都記念

2017年の京都記念の結果

内外フラットな馬場で、シッカリした逃げ馬が逃げてペース流れて、ほぼ2列馬群の地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2016年京都記念

2016年の京都記念の結果

時計の掛かる緩んだ重馬場で外有利。このレースを好走した馬は、力の必要な馬場を苦にしないタイプの馬と考えて良さそう。

2015年京都記念

2015年の京都記念の結果

内有利な馬場で、前後半で分けて後半が3.1秒も速くなるほどのスローペースで流れば、内先行有利になって当然。

2014年京都記念

2014年の京都記念の結果

ペースによって有利不利が変化する馬場で、このレースは元々逃げ馬不在で行く馬がおらず、差し馬のデスペラードが逃げて超スローペースを作ったことで、外を回した馬は距離ロスが響いて厳しい競馬になった。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)