朝日杯フューチュリティS2018予想:過去10年の傾向と、過去4年の結果と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想

シェアする

朝日杯フューチュリティS2018予想

グランアレグリアが牝馬として38年ぶりにこの朝日杯フューチュリティSを制するか?が注目されていますが・・・

今週、個人的に注目しているのが、坂井瑠星騎手の国内本格復帰です。

初来日のマーフィー騎手ももちろん注目ですが、坂井瑠星騎手の騎乗ぶりにもぜひ注目してください。

彼、上手いですよー!

では、朝日杯フューチュリティS2018の過去10年の傾向と、過去4年の結果と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想です。

「今日から1年以内に競馬で勝つための方法」を教えます。競馬で勝つためには2段階のステップを踏む必要があります。第1段階は「的中率30%は10回に3回当たらない」ということを理解することで、第2段階は「馬券を買うために無意識でやっている3ステップ」を理解することです。

朝日杯フューチュリティS2018の過去10年の傾向

朝日杯フューチュリティSの過去10年の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:58%
  • 複勝:58%

と、基本的に堅いレースのようです。

過去10年の勝ち馬の全馬が7番人気以内で、6頭が2番人気以内で、4頭が1番人気です。

朝日杯フューチュリティS2018の過去4年の結果

2017年朝日杯フューチュリティS

2017年の朝日杯フューチュリティSの結果

極端なスローペースになると内が得するも、このレースは前後半で1.1秒差なので、そこまでスローペースだったワケではなく、レースタイプは地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2016年朝日杯フューチュリティS

2016年の朝日杯フューチュリティSの結果

ゆったりした流れも、内外フラットな馬場で外からの差しも十分届く地力勝負レース(「栄光の競馬新聞」的には「力」)。

2015年朝日杯フューチュリティS

2015年の朝日杯フューチュリティSの結果

内外フラットな馬場で平均ペースで流れて地力勝負も、やや差し馬に分があった印象。

2014年朝日杯フューチュリティS

2014年の朝日杯フューチュリティSの結果

前日に不良馬場にまで悪化した影響が残って、稍重でもパワーの必要な上がり時計の掛かる地力勝負レース。

朝日杯フューチュリティS2018出走馬の前走チェックコメント

都合により、朝日杯フューチュリティS2018出走馬の前走チェックコメント動画はありません。

※1頭解説は別途YouTubeにアップしています。

朝日杯フューチュリティS2018の「勝ちポジ」予想

朝日杯フューチュリティS2018予想

「勝ちポジ予想理論」については、「Be Winning Horseplayer」の第5章-ウマニティで17大会連続プラスを達成した予想法解体講座-で確認下さい。

『朝日杯フューチュリティS2018予想:過去10年の傾向と、過去4年の結果と、出走馬の前走チェックコメントと、「勝ちポジ」予想』へのコメント

  1. 名前:おすだぬき 投稿日:2018/12/15(土) 22:54:14 ID:5717aa38d 返信

    ◎⑥アドマイヤマーズ
    ◯②グランアレグリア
    ▲⑪ケイデンスコール
    △⑭ファンタジスト
    △⑮エメラルファイト

    単勝◎、馬単◎→◯▲△△、▲△△→◎

  2. 名前:心配なえいじさんファン 投稿日:2018/12/16(日) 14:46:17 ID:98a97d2d2 返信

    腰痛が回復しますように。
    お大事になさってください。

    • 名前:栄光の競馬道(菅田英治) 投稿日:2018/12/17(月) 07:48:29 ID:6c89d407a 返信

      ありがとうございます。
      コルセットして動けるまでに回復しました!