フェアリーS2018予想に:過去9年の傾向と、過去4年の結果

シェアする

フェアリーS2018予想

中山金杯の記事でも書きましたが、今年(2018年)何をブログで書いていくのか、何をYouTubeでやっていくのか、まだ決まっていません(汗)

なので、ひとまず今週は、重賞レースの過去の傾向と、過去4年の結果だけブログに書いてアップします。

ただ、これを続けるのかは未定です(苦笑)

では、フェアリーS2018の過去9年の傾向と、過去4年の結果です。

「今日から1年以内に競馬で勝つための方法」を教えます。競馬で勝つためには2段階のステップを踏む必要があります。第1段階は「的中率30%は10回に3回当たらない」ということを理解することで、第2段階は「馬券を買うために無意識でやっている3ステップ」を理解することです。

フェアリーS2018の過去9年の傾向

フェアリーSの過去9年(2008年はレースが無かったみたい)の結果を見てみたら、出走全馬の単・複回収率が、

  • 単勝:171%
  • 複勝:89%

と、かなり荒れているレースであることが分かります。

過去9年の勝ち馬の内4頭が2桁人気の馬です。

フェアリーS2018の過去4年の結果

2017年フェアリーS

2017年のフェアリーSの結果

内外フラットな馬場で、前後半で分けて前半が2.5秒も速いハイペースで、やや差し有利な競馬(「栄光の競馬新聞」的には「差」)になった。

2016年フェアリーS

2016年のフェアリーSの結果

団子馬群が3~4コーナーまで続くも、4コーナー手前から馬群が縦長に変化して行く(逃げ馬のペースアップに後続がついて行けなくなる)典型的な内先行パターンになる流れで、結果も内先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)になった。

2015年フェアリーS

2015年のフェアリーSの結果

内外フラットな馬場で地力勝負。パワータイプの馬が好走。

2014年フェアリーS

2014年のフェアリーSの結果

外を回しても全く不利にならない、というよりもペースやコース(距離)によっては外を回した方が優勢になる力の要るフラットな馬場で、緩めのペースでも力勝負に。出走メンバーが1勝馬のみで実質は3歳牝馬限定の500万のレースで、時計的にもペースが緩んだとはいえ当日の未勝利よりも遅い時計での決着となり、とてもじゃないけど重賞とは言えないレベルの低いレース。あくまでもレベルの低い3歳牝馬限定の500万のレースと考えるのが良さそう。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。

『フェアリーS2018予想に:過去9年の傾向と、過去4年の結果』へのコメント

  1. 名前:おすだぬき 投稿日:2018/01/06(土) 22:21:20 ID:5110abd2a 返信

    ◎⑧ブランドピルエット
    ◯⑬レッドベルローズ
    ▲⑤ライレローズ
    △⑭プリモシーン
    △⑨レネット

    単勝+複勝◎、馬連◎◯=◎◯▲△△