マイルチャンピオンシップ2016予想に サトノアラジンの近走評価と馬の特徴

シェアする

マイルチャンピオンシップ2016出走有力各馬の個別解説ビデオを撮りました。

マイルチャンピオンシップ2016予想のために解説したのは、「netkeiba.com」さんの予想オッズで上位になっていた、サトノアラジン,イスラボニータ,ヤングマンパワーの3頭です。

この記事では、サトノアラジンの近走評価と、馬の特徴についてです。

僕がレース回顧をして書き残したチェックコメントも一緒に紹介しますので、レースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

「今日から1年以内に競馬で勝つための方法」を教えます。競馬で勝つためには2段階のステップを踏む必要があります。第1段階は「的中率30%は10回に3回当たらない」ということを理解することで、第2段階は「馬券を買うために無意識でやっている3ステップ」を理解することです。

サトノアラジンの近走評価と馬の特徴

2016年安田記念時のサトノアラジンの解説は↓コチラ

サトノアラジンの4走前:ダービー卿チャレンジT

ダービー卿チャレンジTのレースコメント
フラットな馬場で平均ペースで流れて地力勝負。

ダービー卿チャレンジTのチェックコメント
勝ち馬同様、直線内を突いて全開で追っての3着。ただこの日の外回りコースは、コーナーで最内を回していた馬が壊滅状態だったので、コーナーで最内を回しての3着は評価に値するかも知れない。

サトノアラジンの3走前:京王杯スプリングC

京王杯スプリングCのレースコメント
直線内よりも外が伸びる差し馬有利の馬場で、コースレコードタイの速い時計での決着で、地力のある差し馬有利の競馬になった。

京王杯スプリングCのチェックコメント
この日の馬場でこその馬だけに、勝って当然っちゃ勝って当然。今後も差し馬有利の馬場でこそ。単なる地力勝負馬場では勝ち切れない。

サトノアラジンの2走前:安田記念

安田記念のレースコメント
スローの団子馬群で人気薄の逃げ残りということで、このレースを逃げ先行有利(「栄光の競馬新聞」的には「US」)と評価してしまいそうも、このレースの1つ前の1400m戦で、外を回して直線外から差してきた馬が上位入線していたことから、そこまで内が良かったとは思えないし、1つ前のレースから一気に馬場が乾いたとも思えないので、この日の他のレースの傾向も加味して、このレースのレースタイプを地力勝負レースと判定した。

安田記念のチェックコメント
ここまでのメンバーになると勝てない。相手弱化で差し有利な馬場にならないと勝てない。

サトノアラジンの前走:スワンS

スワンSのレースコメント
内外フラットな馬場で、平均ペースで流れて地力勝負(「栄光の競馬新聞」的には「力」)に。

スワンSのチェックコメント
スタートモッサリ。外をブン回して差せる馬場でこその馬。軽い内有利な馬場では厳しい。

↓マイルチャンピオンシップ2016の予想にコチラも参考にどうぞ!
https://e-keiba.com/18139/