アンビシャスの近走評価と馬の特徴~天皇賞(秋)2016予想に

シェアする

天皇賞(秋)2016出走有力各馬の個別解説ビデオを撮りました。

天皇賞(秋)2016予想のために解説したのは、「netkeiba.com」さんの予想オッズで上位になっていた、モーリス,ルージュバック,アンビシャスの3頭です。

この記事では、アンビシャスの近走評価と、馬の特徴についてです。

僕がレース回顧をして書き残したチェックコメントも一緒に紹介しますので、レースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

「今日から1年以内に競馬で勝つための方法」を教えます。競馬で勝つためには2段階のステップを踏む必要があります。第1段階は「的中率30%は10回に3回当たらない」ということを理解することで、第2段階は「馬券を買うために無意識でやっている3ステップ」を理解することです。

アンビシャスの近走評価と馬の特徴

アンビシャスの5走前:2015年天皇賞(秋)

2015年天皇賞(秋)のレースコメント
前日ほどではないにしろ、スローペースでも差しが届く馬場で、このレースはスローペースで流れて地力勝負に。ただ、どちらかと言えば先行馬よりも差し馬有利だった。

2015年天皇賞(秋)のチェックコメント
4コーナーを回って直線に向いた時はこの馬が勝つんじゃないかと思うも、0.2秒差5着。現時点では上位馬が強かった。

アンビシャスの4走前:中山記念

中山記念のレースコメント
開幕週も明らかに外有利な馬場で、緩むことのない平均ペースで流れたことで、外から差す馬にとって絶好の競馬になった。

中山記念のチェックコメント
順馬の絶好の競馬で2着。直線が長くて差し脚が活きるということだけでなく、ゴール前で頭が下がっていたので、中山よりも東京の方が良いタイプの馬かも知れない。

アンビシャスの3走前:大阪杯

大阪杯のレースコメント
内有利な馬場でスローペースで流れて内先行有利。差し馬には非常に厳しい競馬になった。

大阪杯のチェックコメント
スタート自体は良くはなかったけど、スローペースを見越して馬群の中に入れずにあえて馬群の外のポジションを維持してヨコテンさんが意識的に先行させた好騎乗での勝利。ただ、スタートが遅いのはいつも通りだったので、次走も同じように先行できるとは限らない。基本的には差す競馬をする馬だと思ってた方が良いと思う。この勝利は56kgと他馬より斤量が軽かったことと、ヨコテンさんの好騎乗によるものなので過信禁物。

アンビシャスの2走前:宝塚記念

宝塚記念のレースコメント
稍重で力が必要な内外フラットな馬場でハイペースで流れて、逃げ・先行馬や、底力の無い馬にとっては非常に厳しい競馬。

宝塚記念のチェックコメント
結果的に先行したのが裏目に出た。

アンビシャスの前走:毎日王冠

毎日王冠のレースコメント
直線外からの差し・追い込みが利く馬場で、このレースも内を通った逃げ・先行馬が完全に止まって、直線で馬場の外を通って差す競馬をした馬が有利なレース(「栄光の競馬新聞」的には「SS」)になった。

毎日王冠のチェックコメント
スムーズに差す順馬の競馬でタイム差無しの2着。全てにおいて勝ち馬に向いたレースだけに仕方ないっちゃ仕方ない。斤量差が3kg→2kg差になる本番での逆転は十分可能。

↓天皇賞(秋)2016の予想にコチラも参考にどうぞ!
https://e-keiba.com/18004/

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。