ビッシュの近走評価と馬の特徴~秋華賞2016予想に

シェアする

秋華賞2016出走有力各馬の個別解説ビデオを撮りました。

秋華賞2016予想のために解説したのは、「netkeiba.com」さんの予想オッズで上位になっていた、ビッシュ,ジュエラー,ヴィブロスの3頭です。

この記事では、ビッシュの近走評価と、馬の特徴についてです。

僕がレース回顧をして書き残したチェックコメントも一緒に紹介しますので、レースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

「今日から1年以内に競馬で勝つための方法」を教えます。競馬で勝つためには2段階のステップを踏む必要があります。第1段階は「的中率30%は10回に3回当たらない」ということを理解することで、第2段階は「馬券を買うために無意識でやっている3ステップ」を理解することです。

ビッシュの近走評価と馬の特徴

ビッシュの2走前:オークス

オークスのレースコメント
馬場としては内よりも外が良く外からの差しが利く馬場で、このレースはオークスらしくペースが流れて、外差し決着になった。

オークスのチェックコメント
4角14番手の馬がワン・ツーした差し競馬を、4コーナー手前から馬群の外をマクリ気味に好位まで上がって行くという、フツーのスローの東京2400m戦でも厳しい競馬をしながら、0.1秒差の3着は非常に立派。まだ1000万クラスの身で、これだけの競馬が出来るのであれば、自己条件では力が違う。

ビッシュの前走:紫苑S

紫苑Sのレースコメント
ペースが流れると通ったコース(内・外)による有利不利が無くなる馬場傾向で、このレースは平均ペースで流れて通ったコース(内・外)による有利不利は無く、また平均ペースで流れたので前・後のポジションでの有利不利も無かった。ということで、このレースのレースタイプは地力勝負と判断した。

紫苑Sのチェックコメント
ゴチャついた4コーナーでも馬群の大外を回してスムーズな競馬ができたとは言え、フラットな馬場の地力勝負であれば、余程の不利がない限りこのメンバー相手には負けそうにない。しかし一方で、内有利な軽い馬場では取りこぼしがあるのがこのタイプの馬の典型的なパターン。

↓秋華賞2016の予想にコチラも参考にどうぞ!
https://e-keiba.com/17922/

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。