中山金杯2016のレース回顧と、2016年のハンデ重賞の予想公開について

シェアする

2016年中山金杯

中山金杯2016の「勝ちポジ」予想はこんな予想でした↓
https://e-keiba.com/16012/

苦手なハンデ戦でも的中できた理由は、編集後記にて。

では、中山金杯2016のレース回顧と次走以降の注目馬です。

2021年4月度の「栄光の競馬新聞」購読マガジンです。2021年4月の1ヶ月間「栄光の競馬新聞」をまとめて購読することができます。

中山金杯2016のレース回顧

超がつくほどのスローペースで流れて前有利に。

2016/01/05 第65回 中山金杯(GⅢ)【ヤマカツエース】

中山金杯2016の次走以降の注目馬

特になし。

このレースに関しては、特に次走で注目したいと思う馬は居ません。

編集後記

ハンデ戦はやっぱり苦手なので、今年は重賞レースでも予想はあんまりしないと思いますけど、このレースのように、

  1. 馬場傾向が分かって
  2. ペース判断ができて
  3. それによって「勝ちポジ」が明確で
  4. その「勝ちポジ」を走る適性のある地力上位馬が
  5. 圧倒的人気(1番人気,もしくは単勝3倍未満)じゃなければ

ハンデ戦でも予想を公開しようと思います。

なお、2016年の重賞予想と重賞回顧は、2015年と少し変わってます。

どう変わったのかについてはコチラ↓
https://e-keiba.com/member-151230/

↑に記載してますので、気になる方はクリックして読んでください。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。