ニュージーランドTのレース回顧と次走以降の注目馬と、人気を落として巻き返し期待の穴馬

シェアする

2015年ニュージーランドT

牝馬クラシック第1段の桜花賞が終わって、今度の日曜日には牡馬クラシック第1段の皐月賞が行われるワケですけど、今週もいつもと同じように淡々とレース回顧に励んでおります。

予想はレース回顧あってですから。

では、ニュージーランドTのレース回顧と次走以降の注目馬です。

「今日から1年以内に競馬で勝つための方法」を教えます。競馬で勝つためには2段階のステップを踏む必要があります。第1段階は「的中率30%は10回に3回当たらない」ということを理解することで、第2段階は「馬券を買うために無意識でやっている3ステップ」を理解することです。

ニュージーランドTのレース回顧

フラットな馬場でペース流れて、前が止まって差し決着。

ニュージーランドTの次走以降の注目馬

グランシルク

ゲートが開く前から煩く立ち上がった時にゲートが開いて大出遅れ。他の馬が煩くてそれに影響されただけだと思うので、一過性の出遅れだと思う。これまではフツーにゲートを出ているので、次走は大丈夫でしょう。大出遅れから0.1秒差2着は、明らかに一番強い競馬をしたけど、本来ならもっと楽に勝ち切ってNHKマイルCの出走権を得ることができていたハズが、かなり厳しい競馬を余儀なくされただけに、本番でこの反動が出ないかが心配。デビュー当時から一貫してパドックで非常に良く見せる馬で、特に今走のパドックはG1レースでもナカナカお目にかかれないほど素晴らしいパドック(パドックの教科書に載せたいぐらい)だったので、最高のデキで臨んだんだと思う。次走でここからの更なる上積みは???

ヤングマンパワー

ゲート入りの際ゼッケン下が汗まみれになっていたことから、かなり入れ込んだんだと思う。先行して外々回す距離ロスも大きかった。人気落ちでの巻き返しに期待。

編集後記

レーシングビュアーなどでこのレースのパドック映像が見返せるなら、ぜひとも、グランシルクのパドックを見返してみてください。

G1レースでもナカナカお目にかかれないほど素晴らしいパドックでした。

グランシルク

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。