「栄光の競馬新聞」解説書がVer.2.1になりました。(「R1」馬廃止のお知らせ)

シェアする

「栄光の競馬新聞」解説書Ver.2.1

いやはや、自分の教養の無さ、頭の悪さに絶望している今日この頃です。

「バカは死ななきゃ治らない」と言われているので、僕の頭の悪さも死なないと治らないことでしょう(苦笑)

ということで、「栄光の競馬新聞」解説書がVer.2.1になりました。

変更点は1つで、「R1」馬の表示を廃止しました。

「栄光の競馬新聞」をご利用の場合は、ご確認ください。

ウマニティの予想コロシアムで17連続+18連続=実質35大会連続プラス達成。オリジナル競馬新聞「栄光の競馬新聞」を使って、馬場とペースで予想する「勝ちポジ予想理論」で予想しています。

レースが見える競馬新聞「栄光の競馬新聞」解説 Ver.2.1

「栄光の競馬新聞」解説ページは↓コチラです。

*このページで書いている「栄光の競馬新聞」解説が一冊にまとまったPDF版は、このページの最下部にあります。 改定 2017年9月に一部改...

PDF版もご用意してますので、ぜひダウンロードしてご利用ください。

なお、更なる詳しい「栄光の競馬新聞」の使い方につきましては、順を追って作成して公開していきますので、今しばらくお待ちください。

編集後記

小学生の頃から国語と算数が苦手で、更に中学からそこに英語が加わりました。

まあ、だからと言って、理科と社会が得意かと訊かれたらそれほどでもなく、つまりは、机に向かってするお勉強全般が苦手な子でした。

5教科の成績は、いわゆる「オール3」。ほんと、万年「オール3」(笑)

当然ながら、こんな成績では大学なんかに行けるワケもなく、高卒(工業高校卒)で会社に就職しました。

もちろん、会社に入っても特にパッとすることなく、重要な仕事に就くワケもなく、平々凡々の平社員でした。

ここで何が言いたいのかと言ったら、こんなおバカで平々凡々な僕でも、競馬で勝てるようになりました。

なので、競馬で勝つには学校のお勉強はそんなに出来なくても良いし、特に優秀な人間である必要はないということです。

多分、よっぽどのことがない限り、大体の人は競馬で勝てるようになれるんとちゃうかな?って思います。

メールマガジン【メンバー通信】のご案内
現在、ご登録いただいた方にはもれなく、登録直後にいくつかのプレゼントを差し上げています。プレゼントだけを手に入れてすぐに解除していただくのも、もちろんOKです。