2014年天皇賞(秋)重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2014年天皇賞(秋)成績はこちら

⇒ 2014年天皇賞(秋)レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2014年天皇賞(秋)全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2014年天皇賞(秋).gif

結果3.gif

距離ロスが発生するコーナー部は、内を回した馬がやや有利。コーナーで外を回して距離ロスのあった馬は少々不利だった。ただ、机上でロス換算するなら通常の半分のロスで計算するぐらいが良さそう。17着までが1.0秒以内の大接戦。

結果4.gif

7枠15番イスラボニータ「逆馬」
外枠発走から先行すれば2コーナーで距離ロスが出るのは当然とはいえ、その距離ロスがあまりにも大きすぎた。明らかに枠順の差で、決して力負けとは思わない。ただ、2400は長い気がする。

6枠11番ラブイズブーシェ「逆馬」
イスラボニータほどではないにしても、外目の枠から先行したことで2コーナーでの距離ロスが発生。距離ロス換算では3着に相当。相変わらず人気が無ければ狙いたい。乗り替われば更に狙いたいけど…

結果5

上記以外の馬たちのコメントも列挙しておきます。参考にしてください。

スピルバーグ
やや外を回すロスはあったけど非常にスムーズに回せた。持ち前の瞬発力を存分に活かした。馬体的に距離が伸びてどうかと思うし、使い詰めも良くないタイプの馬だけに、JCはちょっと厳しいんじゃないかと個人的には思っている。

ジェンティルドンナ
最内枠から一切ロスなく2000mピッタリ走っての2着。完璧な競馬しても勝ち切れないあたりに力の衰えを感じずにはいられない。

ヒットザターゲット
内枠からコーナーでロスなく回った順馬での5着。

エピファネイア
6着とは言っても字面でもロス換算でもそんなに負けてない。発汗が目立ったことから装鞍所で入れ込んだ可能性がある。JCでは2走目で入れ込みがマシになれば好走しても驚かない。この馬の場合は、大人しいよりも少々気合が乗ってる方が良いと思う。

デニムアンドルビー
直線で前詰まりも、内枠から内をロスなく回した順馬の恩恵も大きかったのも事実。とは言え、詰まったのも事実で、勝ち馬のようなスムーズな競馬をしていたら、もっと着順は上だったと思う。枠順次第でJCの穴候補。

サトノノブレス
直線で前詰まりも、内をロスなく回した順馬の恩恵も大きかったのも事実。とは言え、詰まったのも事実で、人気よりも能力は上。

マイネルラクリマ
不利な大外枠発走も、スローペースでそこまで無理せずに先行できたし、大きな距離ロスも発生してはいない。なので、ちょっと負け過ぎな印象。

フェノーメノ
少々外を回したとはいえ、あのパドック気配の割には負けた。次走でそこまで大きく変わるかな?

フラガラッハ
もっと力の要るフラットな馬場で。

トーセンジョーダン
パドック気配は良かっただけに、さすがに力が落ちてる。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)