2014年天皇賞(秋)重賞レース解説

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的にMy注目馬としてチェックしている「逆馬」「地力馬」「個人的注目馬」を、人気とか人気薄とかは一切関係なしに公表します。

予想1.gif

3枠5番エピファネイア 2走前「逆馬」休養明け

2走前大阪杯(G2):3着/0.3/6-6-5/US/BC/中

2走前レースコメント:このレースは、少頭数でペースも流れて縦長の馬群になって各馬ロスの少ない競馬になったとは言え、この日は少々内有利な馬場。馬群が前後で大きく離れて、ペース的にも馬場的にも、こういうレースは前が残してしまうのがフツー。

2走前チェックコメント:勝ち馬よりもややロスのある競馬をしたとは言え、このレースに関しては勝ち馬が一枚上だった。それでも3着まで追い上げたのは地力ある証拠。ロス換算では2着。

6枠12番フラガラッハ「逆馬」

オールカマー(G2):4着/0.1/17-18-15/CU/CE/大

レースコメント:距離ロスが発生するコーナー部は、内を回した馬がやや有利。コーナーで外を回して距離ロスのあった馬は少々不利だった。ただ、机上でロス換算するなら通常の半分のロスで計算するぐらいが良さそう。

チェックコメント:ロス半分で計算しても、ロス換算で勝ち馬に0.2秒の差を付けての実質1着。少々荒れた差せる良馬場の左回りコースがベスト条件で、それ以外の条件では厳しい。ただ、その条件が全て揃えば、まだまだ馬券に絡んで来そう。条件が揃えば人気薄でも積極的に狙いたい。

7枠15番イスラボニータ「地力馬」

セントライト記念(3歳G2):1着/-0.2/6-6-6/力/BC/中

レースコメント:内外フラットな馬場で平均ペースで流れば地力勝負になって当然。

チェックコメント:1コーナーまでは行きたがって少々掛かっていたけど、そこから前を走っていたトゥザワールドを大名マークして見た目通りの完勝。淀の3000はさすがに長いとは思うけど、同級生相手なら何とかなるか。できれば天皇賞秋に向かって欲しい。

My注目馬には登録していませんが、「栄光の競馬新聞」の字面だけなら、ヒットザターゲットは、前走「US」を差して「AC」回して「0.3秒差」の「逆馬」で、マーティンボロは、前走「力」で1着の「地力馬」です。

予想2.gif

G1レースということで、恒例のG1レース解説(予想)ビデオを撮りました。

「馬場」「ペース」「勝ちポジ」と「予想印(◎◯▲☆)」はビデオで確認してください。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)